top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

欠勤を減らす新しい方法:メンタルヘルス教育:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 職場で一般的なメンタルヘルスの問題を対処する方法に焦点を当てた従業員トレーニングプログラムが、労働者のスティグマと欠勤を減らすことができる。

  2. プログラムは一般的なメンタルヘルスの問題に対処することを目指しており、特定の職場に特化していないため、様々な組織や産業で世界中に応用可能である。

  3. マネージャーたちはしばしば、特に近年、職場でのストレスやバーンアウトが増加する中で、従業員のメンタルヘルスのニーズに対応するツールを欠いている。

  4. スタディの後、トレーニングを受けたグループは欠勤日が少なく、メンタルヘルスのスティグマが減少した。

  5. Prevailプログラムは、全ての従業員にトレーニングを提供し、自己および同僚、友人、家族を支援できるように作られた。

「企業の検討点」

  1. 全従業員にメンタルヘルス教育を提供することで、欠勤率を減らすことができる。

  2. メンタルヘルス教育は、職場のスティグマ(差別や偏見)を減少させるのに有効である。

  3. メンタルヘルス教育プログラムは、特定の産業に限定されることなく、あらゆる組織で適用可能である。

  4. メンタルヘルス教育は、マネージャーやリーダーが苦労しているスタッフを識別し、解決策を協力して見つけるのに役立つ。

  5. メンタルヘルス教育へのニーズは増加しており、これを提供することで企業は次世代の労働者を引きつけることができる。


Comments


bottom of page