top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

ビザ保持者の抗議参加で生じるリスク / Risks of Participation in Protests by Visa Holders:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

F1およびH1Bビザ保持者がアメリカでの抗議に参加する際の法的権利とリスクはどう考えれば良いのでしょうか(Participation in Protests)


これらのビザ保持者は、The First Amendment of the U.S. Constitutionの保護のもと、平和的な抗議に参加する権利がありますが、逮捕などのリスクも伴います。


そのため、抗議活動への参加を検討する際には、これらの法的な側面を十分に理解しておくことが重要です。


「主要な点」

  1. 『抗議参加の権利』 アメリカの法律は、F1およびH1Bビザ保持者を含むすべての人々に、平和的な抗議活動への参加権を保障しています。これには、言論の自由や集会の自由が含まれます。

  2. 『抗議時のリスク』 逮捕された場合、ビザの更新や将来のビザ申請に影響を及ぼす可能性があります。逮捕は自動的にビザが取り消されるわけではありませんが、移民状況に重大な影響を与える可能性があります。

  3. 『逮捕の結果』 逮捕された場合、アメリカの刑事司法制度を通じて手続きが行われ、その記録は永続的に残る可能性があります。これが移民局の評価に影響を与えることもあります。

  4. 『安全とコンプライアンスの確保』 抗議に参加する際は、常に法的に許可された方法で行動することが重要です。また、エスカレートする可能性のある状況からは離れるなど、安全を最優先に考えるべきです。

  5. 『最近の抗議の事例』 最近の大学での抗議活動では、留学生が積極的に参加していますが、これには逮捕や学校からの懲戒が伴うリスクもあります。

  6. 『法的な準備と対策』 抗議に参加する前に、適切な法的アドバイスを受け、抗議の法的な境界と自分の権利を完全に理解することが勧められます。

  7. 『結論』 F1およびH1Bビザ保持者は、抗議活動への参加が法的に許可されているものの、特に逮捕や法的な問題に繋がる行動には注意が必要です。全ての参加者が自己の権利を理解し、法的なリスクを最小限に抑えるための準備が求められます。


「企業の検討点」

  1. 『リスク管理の重要性』F1およびH1Bビザ保持者は、抗議活動への参加に伴うリスクを管理するための戦略を事前に計画しておくべきです。

  2. 『情報の収集と共有』抗議の性質や法的な背景について正確な情報を収集し、共有することで、無知によるリスクを減らすことができます。


「Q&A」

Q1: F1およびH1Bビザ保持者は米国での抗議に法的に参加できますか? A1: はい、F1およびH1Bビザ保持者は、The First Amendment of the U.S. Constitutionに基づき、平和的な抗議に参加する権利がありますが、逮捕されるリスクが伴います。


Q2: 抗議活動中に逮捕された場合、ビザ保持者はどのようなリスクに直面しますか? A2: 逮捕された場合、その記録はビザの更新や将来の移民申請に影響を与える可能性があります。特に、犯罪に関連する容疑がある場合、その影響は重大です。


Comments


bottom of page