top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

昇進率の削減と給与増加の鈍化 / Reduction in Promotion Rates and Slowing Salary Increases:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

最近のMercerの調査によると、企業は経済成長の鈍化を受けて、2024年の給与予算の平均増加率を3.6%に引き下げました(Slowing Salary Increase)。


昇進の機会も減少し、これは労働市場の変動が安定に向かっていることを示しています。


これらの変更は、インフレーションの持続と低い失業率を背景に、労働市場が引き続き緊張していることを反映しています。


「主要な点」

『給与予算の引き下げ』Mercerによると、企業は今年の給与予算の平均増加率を3.8%から3.6%に引き下げました。これは、経済成長の鈍化と市場の安定化を反映したものです。

  1. 『昇進率の減少』企業は2024年に従業員の8%のみを昇進させる計画で、これは前年の10%から減少しています。昇進された従業員の給与増加率も9.4%から9.2%にわずかに下がりました。

  2. 『経済成長の鈍化とその影響』 最新の商務省データによると、経済成長率は予想を下回る1.6%にとどまり、これが企業の給与予算決定に影響を与えています。

  3. 『インフレと給与増加の関係』 インフレーションは依然として連邦準備制度の目標を超える3.7%に達しており、これが給与増加のペースに慎重な影響を与えています。

  4. 『労働市場の変化』 労働市場の離職率が低下しており、これが従業員の職場への留まりやすさに影響している可能性があります。これにより、企業は給与増加を抑える傾向にあります。

  5. 『最低賃金の上昇と企業戦略』 最低賃金の上昇は、低賃金労働者の給与に直接的な影響を与え、企業はこれに対応するための戦略を練る必要があります。

  6. 『労働市場の需給と給与増加』 労働市場の需給バランスが給与増加の決定に重要な役割を果たしており、人材の需給がタイトである業界ではより高い給与増加が見込まれます。

  7. 『将来の給与増加の展望』 今後の経済指標と市場の動向を踏まえ、企業は給与増加の戦略を柔軟に調整する必要があります。特に、経済成長の加速やインフレの動向が鍵を握ります。


「企業の検討点」

『給与増加の縮小とその意味』経済成長の鈍化と市場の不確実性を背景に、企業が給与増加を抑制する意味とその影響を分析します。

  1. 『昇進機会の削減への対応』昇進機会の削減が従業員のモチベーションと職場の満足度に与える影響を検討し、企業がどのように対応すべきか提案します。

  2. 『労働市場の動向と給与政策』 労働市場の現状を踏まえ、企業が採用と保持のためにどのような給与政策を採用すべきかを探ります。

  3. 『インフレーションと給与増加のバランス』 高インフレの環境下で、企業が労働コストを管理しつつ、競争力を保つための給与戦略を考察します。

  4. 『経済指標の監視と戦略調整』 経済指標を定期的に監視し、それに基づいて給与増加や人事戦略を調整する重要性を強調します。


「Q&A」

Q1: 給与予算の引き下げが労働市場に与える影響は何ですか? A1: 給与予算の引き下げは、特に競争が激しい分野での人材の確保と保持に影響を及ぼす可能性があり、企業はより創造的な福利厚生や職場環境の改善でこれを補う必要があるかもしれません。



コメント


bottom of page