top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

Indeedによる人員削減の背後にある理由 / Behind the Layoffs at Indeed:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

Indeedが全体の8%に相当する約1,000名の従業員を解雇することになり、企業の持続可能な成長への道筋と組織の簡素化が進行中です(Behind the Layoff at Indeed)。


昨年の一律のリストラから一転し、今回の人員削減はR&D部門とGo-to-Market部門に集中しており、CEOのChris Hyamsは組織構造のフラット化を目指すと述べています。


「主要な点」

  1. 解雇の範囲:Indeedは全従業員の8%にあたる1,000人の解雇を発表しました。これは企業の総合的な組織簡素化戦略の一環として行われます。

  2. CEOの責任認識:Chris Hyams CEOは、会社がこの状況に至った経緯を認め、今後の改善に向けて自らの責任を公に表明しました。

  3. 過去のリストラとの比較:昨年には2,200人の従業員が一律に解雇されましたが、今回のリストラはよりターゲットを絞り、特定の部門に集中しています。

  4. 影響を受ける部門:今回の人員削減は、特にR&D部門とGo-to-Market部門に影響を及ぼします。これは、効率性と戦略的重点の再配置を図るためです。

  5. 組織構造のフラット化:CEOはMetaのMark Zuckerbergが昨年行った組織フラット化の動きを引用し、同様の戦略をIndeedでも実施すると述べています。

  6. 多様性と包括性の維持:解雇プロセスでは、人事、法務、そして多様性・公平性・包摂(D&I)チームが連携し、マイノリティが不当に影響を受けないよう配慮しました。

  7. 内部タウンホール:会社は従業員とのコミュニケーションを図るため、タウンホールミーティングを開催し、状況説明と従業員からのフィードバックを得る予定です。

  8. 組織図の更新:組織の変更を反映するため、新しい組織図が近日中に発表されます。これにより、変更後の組織構造が明確になります。

  9. 持続可能な成長戦略:企業は持続可能な成長を達成するために必要な変更を行うことを目指しています。これには、適切な部門のスリム化と経営資源の最適化が含まれます。

  10. グローバル市場での対応:昨年の世界的な採用市場の縮小がIndeedの売上げに連続した四半期にわたる影響を与えたことから、会社はより戦略的なグローバル市場対応を模索しています。


「企業の検討点」

  1. 人員削減の戦略的適用:ビジネスが遭遇するかもしれない人的資源の調整において、Indeedのように戦略的にリストラを行う方法を学ぶことができます。

  2. 組織のフラット化の効果:組織構造をフラット化することの効果と、その過程で直面する可能性のある課題について考察します。

  3. 多様性と包括性の重要性:リストラを行う際に、多様性と包括性をどのように保つか、その重要性と実践方法を理解することが重要です。

  4. 内部コミュニケーションの強化:変革の時期において、内部コミュニケーションを如何に効果的に行うかが組織の士気に影響します。

  5. 新しい組織図の展開:組織図を更新することで、従業員に明確な方向性を示し、変更への適応を促進します。


「Q&A」

Q1:Indeedはなぜ大規模なリストラを行うのですか?組織を簡素化し、持続可能な成長を図るためです。特に研究開発部門と市場進出チームが重点的に削減されます。


Q2:リストラの過程で多様性と包括性をどのように保っていますか?人事、法務、多様性・公平性・包摂チームが協力して、マイノリティが不釣り合いに影響を受けないよう努力しています。


Q3:グローバルな採用市場の変動がIndeedにどのような影響を与えましたか?昨年の採用市場の縮小は、Indeedの収益に連続する影響を与え、組織的な見直しを迫りました。


Q4:組織変更後、従業員のモチベーションを維持する方法は?タウンホールミーティングや透明性のあるコミュニケーションを通じて従業員の不安を解消し、組織への信頼を保つことが重要です。


Q5:リストラされた部門の従業員に対する支援策はありますか?会社は適切な離職支援プログラムを提供し、再就職支援やキャリアカウンセリングを行うことで、影響を受けた従業員の移行をサポートします。




Comentários


bottom of page