top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

インフレと医療保険 / Inflation and Health Insurance: 2023 Cost Increase:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

米国の医療費用が2024年に8.9%上昇すると予測されています。


この増加は、医療の進化に伴う高コスト、医療過剰利用、不健康な生活習慣などが影響しています。


企業は、医療費用の管理に向けた戦略を立てる必要があり、メンタルヘルス問題への対応やテレヘルスの活用、新しい医薬品の承認による影響など、多岐にわたる要因を考慮することが重要です。


インフレの影響も無視できないため、医療コストの増加に対応するための包括的な戦略が求められています。

  1. 医療費用の急増: 2024年の米国の医療費用は、前年比で8.9%増加すると予測されています。これは、医療の進化とともに高まるコストを反映しています。

  2. 医療過剰利用の問題: 保険会社の6割が、医療専門家によるサービスの過剰推奨や処方過多を大きなコストの要因として指摘しています。

  3. 不健康な生活習慣の影響: 健康に悪影響を及ぼす生活習慣は、心血管疾患の増加と医療コストの上昇に大きく寄与しています。

  4. 雇用者の対応策: 雇用者は、保険プログラムの適切性の見直しや予防医療の推進などにより、医療費用の増加に対応しています。

  5. メンタルヘルス問題の増加: 調査によれば、従業員のメンタルヘルス問題、特に不安やうつが増加しており、今後18ヶ月間でさらに問題が拡大すると予想されています。

  6. 医療費用の主要因: がん、心血管疾患、筋骨格系の疾患が医療費用の主要な要因であり、特に筋骨格系の問題が増加しています。

  7. テレヘルスサービスの導入: 医療コストの管理と効率的な医療サービスへのアクセスを目的として、2023年には世界中の40%の保険会社がテレヘルスサービスを導入しました。

  8. インフレと医療コスト: インフレは医療の基本的なコストに影響を与えており、2023年の雇用主提供の健康保険の平均コストは5.2%増加しました。

  9. 予防医療とウェルネス: 雇用者は、健康保険プログラムの見直しや予防医療の推進、ウェルネス戦略を通じて、医療コストをより効果的に管理することが可能です。

「企業の検討点」

  1. 医療費用増加への対策: 医療費用の上昇に対して効果的な戦略を立てる必要があります。

  2. メンタルヘルスへの対応: 従業員のメンタルヘルス問題に対処し、全体的なウェルネスを向上させることが重要です。

  3. テレヘルスの利用: テレヘルスサービスを通じて、医療コストの管理とアクセスの向上を図ることができます。

  4. 新しい医薬品の承認と利用: FDAによる新しい肥満治療薬の承認は、健康保険プログラムに新たな選択肢を提供します。

  5. インフレと医療コスト: インフレの影響を考慮し、医療コストの増加に対応するための戦略を検討することが必要です。

「Q&A」

Q1: 2024年の米国の医療費用はなぜ8.9%増加すると予測されているのですか? A1: 医療技術の進歩、医療の過剰利用、不健康な生活習慣、そしてインフレが主な原因です。

Q2: 企業は医療費用の増加にどのように対処すべきですか? A2: 保険プログラムの見直し、予防医療の推進、従業員のウェルネスへの投資、テレヘルスサービスの活用などが有効です。

Q3: メンタルヘルス問題が医療費用に与える影響は何ですか? A3: メンタルヘルスの問題は従業員の全体的なウェルネスと生産性に影響を及ぼし、結果として医療費用の増加に繋がります。




bottom of page