top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

IT求人、4年制学位不要の割合が増加  / Increase in Tech Job Openings Without Four Year Degree Requirements:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

テクノロジー業界の失業率が2.8%と低下し、特に4年制大学の学位を要求しない求人が増えています(Job Openings without Four Year Degree Requirements)。


スキルベースの採用が注目される中、企業はスキルギャップを埋めるためにアップスキリングとトレーニングに投資しています。


「主要な点」

  1. 『失業率の現状と影響』 テクノロジー業界の失業率が2.8%に低下しており、これは労働市場が非常に緊張していることを示しています。この低失業率は賃金の上昇や労働者のワークロード増大につながる可能性があります。

  2. 『求人の教育要件』 4年制大学の学位を必要としない求人が全体の46%を占め、特にITサポートやネットワーク管理などの職種で顕著です。この傾向は、教育経路の多様化とスキルベースの採用の重要性を強調しています。

  3. 『スキルベースの採用の拡大』 企業はスキルベースの採用を進めることで、より広い才能のプールから適切な候補者を見つける努力をしています。これには、AIやデータ処理のような特定の技術スキルが求められることが多いです。

  4. 『アップスキリングの重要性』 技術の進化に対応するため、企業は従業員のスキル向上に投資しています。特に、サイバーセキュリティやクラウドサービスといった分野では、専門的な知識が求められるため、アップスキリングが重要視されています。

  5. 『技術教育プラットフォームの役割』 Udemyのようなオンライン学習プラットフォームは、ITとリーダーシップのトレーニング需要の増加を経験しており、これが現代の労働市場の要求に応じたスキルの提供に一役買っています。

  6. 『雇用創出の地理的シフト』 技術ジョブの成長は地理的にも広がっており、従来のテクノロジーハブ以外の地域でも新しい雇用機会が生まれています。これは住宅費の低い地域や生活費の安い都市が新たなテクノロジーセンターとして台頭していることを示しています。

  7. 『長期的な業界動向』 技術業界では今後もスキルベースの採用が増えると予想されます。これは、企業がより柔軟に労働力を確保し、急速に進化する市場条件に対応するための戦略です。


「企業の検討点」

  1. 『企業の採用戦略』 企業は4年制大学の学位に依存しない採用モデルを採用することで、より広範な候補者プールにアクセスし、多様な才能を引き寄せることができます。

  2. 『コスト削減と効率化』 スキルベースの採用を通じて、企業は教育背景の多様性を受け入れ、トレーニングプログラムによって内部からのスキルアップを促進することができます。

  3. 『人材の育成と保持』 技術進化に合わせて従業員のスキルを向上させることで、企業は優れた人材を維持し、業界内での競争力を保つことができます。

  4. 『新興技術への適応』 AIやクラウドサービスなど、新しい技術領域に焦点を当てたトレーニングは、企業が市場の変化に対応するために不可欠です。

  5. 『企業文化とイノベーションの促進』 多様なバックグラウンドを持つ従業員を受け入れることで、企業文化を豊かにし、イノベーションの源泉とすることができます。


「Q&A」

Q1: 技術業界の失業率が低い理由は何ですか? A1: 技術進化とデジタル化の加速により、高度なスキルを持つ技術労働者に対する需要が高まっているためです。


Q2: スキルベースの採用とは何ですか? A2: スキルベースの採用は、候補者の学歴や経歴よりも、職務遂行に必要な具体的なスキルや能力を重視する採用アプローチです。



Comments


bottom of page