top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

コロラド州のAI規制法案 / Colorado's AI Regulation Bill:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

コロラド州がアメリカ初の包括的なAI差別防止法であるSB205を可決し、2026年に施行される予定です(Colorado's AI Regulation)。


この法案は、AIシステムの開発者と利用者に対して厳格なコンプライアンス要件を課し、アルゴリズムによる差別を防ぐことを目的としています。


雇用、教育、金融など、さまざまな分野でAIの影響を受ける企業にとって重要な法改正です。


「主要な点」

  1. SB205の概要:コロラド州がAI差別防止を目的とした包括的な法案SB205を可決し、2026年に施行される予定です。

  2. 高リスクAIシステムの定義:高リスクAIシステムは、雇用、教育、金融などの重要な決定に大きな影響を与えるアルゴリズムと定義されます。

  3. 影響を受ける分野:この法案は、雇用、教育、金融、医療、保険、住宅、法務など、多岐にわたる分野でAIの利用に影響を与えます。

  4. 適用対象者:開発者および利用者の両方が新法の対象となり、特に高リスクAIシステムを使用する企業に対して厳しい要件が課されます。

  5. 中小企業の例外:従業員が50人未満の中小企業は、一部の要件が免除される可能性があります。

  6. 開発者の義務:開発者は、利用者に有害な使用法やデータの概要を提供し、ウェブサイトにリスク管理戦略を公表しなければなりません。

  7. 利用者の義務:利用者は、包括的なリスク管理ポリシーを実施し、影響評価を定期的に行う必要があります。

  8. 消費者権利:高リスクAIシステムを使用する際には、消費者に対して詳細な通知を提供し、プロファイリングをオプトアウトする権利を知らせる必要があります。

  9. 執行権限:コロラド州の検事総長がSB205の執行権限を持ち、違反は不公正で欺瞞的な取引慣行とみなされます。

  10. 全国的な影響:他の州でも同様の法律が検討されており、全国的にAI規制の強化が進む兆しがあります。


「企業の検討点」

  1. 高リスクAIシステムの特定:企業は自社が使用するAIシステムが高リスクに該当するかどうかを評価し、適切な対応を行う必要があります。

  2. コンプライアンス要件の準備:企業は、SB205の施行に備えて、リスク管理ポリシーや影響評価プロセスを整備することが重要です。

  3. 透明性の確保:AIシステムの使用に関する透明性を高め、消費者に対する適切な通知を行うことが求められます。

  4. 内部レビューとフィードバックの活用:フィードバックや内部レビューを通じて、AIシステムの差別的な結果を早期に発見し修正する体制を構築します。

  5. 全社的な教育と啓発:企業全体でAIのリスクとコンプライアンス要件についての教育を行い、全従業員の理解と協力を得ることが重要です。


「Q&A」

Q1:SB205とは何ですか?コロラド州で可決されたAI差別防止法で、2026年に施行される予定です。


Q2:高リスクAIシステムの例は?雇用、教育、金融、医療、保険などの分野で重要な決定に影響を与えるアルゴリズムが該当します。


Q3:企業がSB205に準拠するためにはどうすればよいですか?リスク管理ポリシーの整備、影響評価の実施、消費者への通知を行う必要があります。


Q4:SB205施行後の企業の人材採用プロセスへの影響は?高リスクAIシステムを使用する採用プロセスに対して、より厳格なコンプライアンス要件が課されるため、透明性と公平性を確保するための追加措置が必要です。


Q5:従業員のAIシステムに関する教育の重要性は?AIシステムのリスクと適切な使用方法について従業員を教育し、全社的な理解と協力を促進することが重要です。



Comments


bottom of page