top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

20年後の退職資金の必要額 / Inflation and Retirement Savings:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

快適な退職生活のために必要な資金が急速に増加しています(Inflation and Retirement Savings)。


Northwestern Mutualの調査によると、現在アメリカ人が必要と考える退職資金は約146万ドルで、昨年の127万ドルから15%増加し、2019年の951,000ドルからは53%も増加しています。


今後20年間でこの傾向が続くと、約239万ドルが必要と予測されています。


将来の資金計画を見直すことが今後ますます重要になるでしょう。


「主要な点」

  1. 現在の退職資金の目標額:現在、アメリカ人が快適な退職生活のために必要と考える資金は約146万ドルです。これは昨年の127万ドルから15%増加しています。

  2. 2019年との比較:2019年の退職資金目標額は951,000ドルでした。現在の目標額はこれから53%増加しています。

  3. インフレ率と退職資金:現在のインフレ率が2%から3%で推移している中で、退職資金の目標額はこれを大きく上回るペースで増加しています。

  4. 20年後の予測:同じ増加ペースが続く場合、20年後には約239万ドルが必要になると予測されています。

  5. 収入12倍の法則:一般的に、退職後に必要な資金は年間収入の12倍と言われています。例えば、年収80,000ドルの人は960,000ドルが目標です。

  6. 将来の収入と退職資金:インフレを考慮すると、現在の年収80,000ドルが20年後には131,089ドルになると予測されています。

  7. 新たな目標額:新しい収入に基づく退職資金の目標額は約1,573,068ドルです。これは239万ドルの目標額に達していません。

  8. 現実的な貯蓄額:現在、アメリカ人の平均退職貯蓄額は88,400ドルであり、多くの人が目標額に達していません。

  9. 戦略的財務計画の重要性:将来の経済的目標を達成するためには、戦略的な財務計画が重要です。

  10. 専門家のアドバイス:退職後の生活を安定させるために、財務アドバイザーと相談し、個々の状況に応じた計画を立てることが推奨されます。


「企業の検討点」

  1. 従業員の退職資金計画支援:企業は従業員が効果的に退職資金を計画できるよう支援するプログラムを提供することが重要です。

  2. インフレに対する教育:従業員にインフレの影響とその対策について教育し、将来の財務計画の一部として取り入れることが必要です。

  3. 長期的な貯蓄目標の設定:従業員に長期的な貯蓄目標を設定し、その達成をサポートするためのリソースを提供します。

  4. 定期的な財務評価の奨励:従業員が定期的に自身の財務状況を評価し、必要に応じて計画を修正できるよう奨励します。

  5. 財務アドバイザーの活用:企業は従業員が専門的な財務アドバイスを受けられるよう、財務アドバイザーとの連携を促進することが重要です。


「Q&A」

Q1:退職後に快適な生活を送るためにはどれくらいの資金が必要ですか?現在の調査では約146万ドルが必要とされていますが、20年後には約239万ドルが必要になると予測されています。


Q2:インフレが退職資金に与える影響は?インフレは将来の必要資金額を増加させ、現在の貯蓄計画を見直す必要性を高めます。


Q3:効果的な退職資金計画のために何をすべきですか?財務アドバイザーと相談し、個々の収入、支出、リスク許容度に基づいた計画を立てることが推奨されます。


Q4:企業が従業員の退職資金計画を支援するためにはどのようなプログラムが有効ですか?財務教育プログラムや退職貯蓄プランへのマッチング制度などが有効です。


Q5:インフレを考慮した退職資金計画の重要性は?インフレを考慮することで、将来の生活費の増加に対応し、より現実的な目標設定が可能になります。


Q6:定期的な財務評価の利点は?定期的に財務状況を評価することで、計画の進捗を確認し、必要に応じて修正することができます。




Comments


bottom of page