top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

オフィス利用率の変化と企業の対応策 / Optimizing Office Spaces for the Hybrid Work Era:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

ハイブリッド勤務の定着はオフィスの利用方法に大きな変化をもたらしました。


2023年の調査によると、アメリカのオフィス利用率は平均31%と、パンデミック前の64%から大幅に低下しています。


この新しい働き方に適応するため、多くの企業が空間の最適化やポートフォリオの削減に向けて動き出しており、これからのビジネス環境では、柔軟かつ効率的なオフィス設計がますます重要になってきています。


  1. 「オフィス利用率の現状」:平均31%という低下した利用率は、ハイブリッド勤務の普及を示しており、企業にとって新たな対応策が求められています。

  2. 「占有率の増加とその意味」:グローバルで占有率が100%を超えたことは、空間の共有化と効率化が進んでいることを表しています。

  3. 「ポートフォリオ削減の動き」:43%の企業が今後3年で30%以上の削減を計画しており、これは不動産戦略に大きな転換期をもたらす可能性があります。

  4. 「新しいパフォーマンス指標の導入」:従来の平方フィートごとの指標から、利用率や従業員の感情を重視した指標への移行が進んでいます。

  5. 「ハイブリッドワークの影響」:リモートワークとオフィスの未利用空間が増える中、効率的な空間利用の重要性が高まっています。

  6. 「平均平方フィートの減少」:22%の減少は、よりコンパクトで多目的なオフィススペースへの需要の高まりを示しています。

  7. 「コラボレーションスペースの増加」:44%増加した共同作業スペースは、今日のワークプレイスがどのように変化しているかを反映しています。

  8. 「新しいオフィスデザインの提案」:ブールバードやディストリクトなどのモデルは、将来のオフィスがどのように進化するかを示唆しています。

  9. 「代替ワークシートの計画」:デスク以外の作業場所を含めることで、ハイブリッド勤務の計画と評価がより正確になります。

  10. 「不動産リーダーへの提案」:新しいスコアカードの必要性と、CREデータと人事、財務、ITの統合が今後の課題となります。


「企業の検討点」

  1. 「効率化された空間利用の重要性」:オフィス利用率の低下は、空間の効率的な利用と最適化の必要性を示しています。

  2. 「占有率100%超えの意味」:従来のオフィスの概念を超え、新しい働き方に適応するための戦略が必要です。

  3. 「ポートフォリオ戦略の再考」:大幅なポートフォリオ削減計画は、不動産戦略における大きな転換点となり得ます。

  4. 「従業員体験の向上」:オフィスに人を引きつけるための、改善されたワークプレイス体験が重要になります。

  5. 「新しいデータ指標の活用」:マイクロレベルの利用データを活用し、従業員の作業スタイルと空間利用を最適化するための戦略を立てる必要があります。


「Q&A」

  1. Q: ハイブリッド勤務の定着によりオフィス利用率はどのように変化していますか?  A: 2023年のアメリカでは平均オフィス利用率が31%に低下しており、ハイブリッド勤務の定着が大きな影響を与えています。

  2. Q: 企業はオフィス空間の最適化にどのような戦略を取っていますか?        A: 企業は空間の共有化を進め、不要なオフィススペースの削減、効率的なポートフォリオ管理を行っています。

  3. Q: 新しいオフィスデザインコンセプトにはどのようなものがありますか?      A: 新しいデザインには、ブールバード、ディストリクト、プラザ、パークなど、協働と持続可能性を重視した様々なモデルが提案されています。




Comentarios


bottom of page