top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

産前ケア支援を強化するニューヨーク州の新規定 / New York State's New Regulations to Enhance Prenatal Care Support:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

2025年から、ニューヨーク州は妊婦労働者に20時間の有給産前ケア休暇を提供することを義務付けます(Prenatal Care Support)。


この施策は、既存の家族・医療休暇に影響を与えることなく、産前の医療アポイントメントに参加する機会を増やすことを目的としています。


「主要な点」

  1. 『新法の概要』 ニューヨーク州が2025年から実施する新しい法律では、妊娠中の労働者に20時間の有給産前ケア休暇が提供されます。これは、従業員が医療機関への訪問に利用できるものです。

  2. 『追加の労働者支援』 雇用主は、出産後3年間、母乳を搾乳するための30分の有給休憩時間も提供する必要があります。これにより、職場での母乳育児の支援が強化されます。

  3. 『州知事のコメント』 キャシー・ホクル州知事は、誰もがコストや勤務時間の損失を恐れることなくケアを求めるべきではないと述べており、この法律は労働者の健康と福祉を支援するためのものです。

  4. 『影響を受ける労働者』 この法律は、特に妊娠中の女性労働者に影響を与え、必要な医療ケアを受けられるようにすることで、職場での健康と生産性を向上させることを目指しています。

  5. 『他州との比較』 カリフォルニアなど他の州でも類似の措置が取られていますが、ニューヨークはこの種の休暇を義務付ける最初の州となります。この動きは他州にも影響を及ぼす可能性があります。

  6. 『法的背景』 この法律は、妊娠中の労働者への合理的な配慮を求める連邦法、例えば妊娠労働者公正法やPUMP法と連動しています。これらの法律は、妊娠中及び産後の女性が職場で必要な支援を受けることを保証します。

  7. 『将来の展望と企業への影響』 企業は、この新しい要件に対応するために、人事ポリシーの見直しや更新を行う必要があります。長期的には、この法律が労働市場の健全性と企業の社会的責任の観点からプラスの影響をもたらすことが期待されます。


「企業の検討点」

  1. 『企業の対応策』 企業は、新しい法律に基づいて、産前ケア休暇や母乳搾乳のための休憩時間などの福利厚生を整備する必要があります。

  2. 『人事管理の変化』 人事部門は、新しい法律が施行されるにあたり、社内ポリシーを更新し、従業員への教育を強化することが求められます。

  3. 『労働者の健康と福祉の向上』 この法律は、労働者の健康と福祉を改善することを目的としており、企業にとっても、より健康で生産的な労働力を維持する手段となります。

  4. 『法的遵守の重要性』 企業は法的要件を遵守し、違反がないようにするために適切な手続きと監視体制を確立する必要があります。

  5. 『社会的責任と企業イメージ』 労働者のケアを重視することで、企業の社会的責任を果たし、ポジティブな企業イメージを構築することが可能です。


「Q&A」

Q1: この新法はいつから施行されますか? A1: ニューヨーク州の産前ケアのための有給休暇法は2025年から施行されます。


Q2: この法律によってどのような保護が労働者に提供されますか? A2: この法律により、妊娠中の労働者は、産前ケアのために最大20時間の有給休暇を受けることができます。また、母乳を搾乳するための有給休憩時間も保証されます。



Comments


bottom of page