top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

アメリカのテクノロジー大手グリーンカード申請プロセスを停止 / U.S. Tech Giants Halt Green Card Application Process:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

テクノロジー業界での大規模なレイオフを背景に、アマゾンとグーグルは2024年にグリーンカードの申請を一時停止しました(Green Card Application Process)。


この決定は、特に外国人技術者にとってさらなる雇用の障壁となり、米国のテクノロジー業界での職の機会が厳しく制限されています。


「主要な点」

  1. 『グリーンカード申請の一時停止の背景』 アマゾンとグーグルは、業界全体のレイオフと運営の制約を背景に、2024年を通じてPERM申請を一時停止しました。これは、米国内での競争が激化し、労働市場が飽和していることを反映しています。

  2. 『外国人労働者への影響』 この決定により、米国でキャリアを築こうとする外国人労働者は大きな挑戦に直面しています。特にテクノロジー業界では、職の機会が限られることが予想されます。

  3. 『PERM申請プロセスとは』 PERMは、米国労働省が管理するプロセスで、外国人労働者が米国で永久労働証明を得るための最初のステップです。このプロセスは通常、グリーンカード取得のための前提条件となります。

  4. 『業界の法的な見解』 移民法の専門家は、テクノロジー企業がレイオフを行った場合、新たに雇用する外国人労働者に対して、解雇された労働者を優先して再雇用する必要があると説明しています。これにより、グリーンカード申請がより複雑になる可能性があります。

  5. 『経済的影響と業界の調整』 レイオフとグリーンカード申請の一時停止は、テクノロジー業界における経済的なバランスと労働市場の調整を示しています。企業はコスト削減と効率化を図りつつ、新興市場や他の地域での機会を模索しています。

  6. 『グローバルな労働力との関係』 グリーンカードの申請停止は、グローバルな労働力との関係にも影響を及ぼし、企業の国際的な戦略において重要な変更を迫っています。これにより、企業は地域ごとの労働市場の特性をより考慮するようになります。

  7. 『将来の展望と企業戦略』 テクノロジー業界の今後の展望として、企業は労働市場の変動に対応するための戦略を練り直す必要があります。これには、リモートワークの推進や国際的な人材の活用などが含まれる可能性があります。


「企業の検討点」

  1. 『戦略的人材管理』 企業は外国人労働者の採用に関する戦略を見直し、国内外の労働市場の変化に柔軟に対応する必要があります。

  2. 『コストと効率の最適化』 レイオフとグリーンカード申請の停止は、コスト削減と運営の効率化を目的としています。企業はこれらの措置を通じて、長期的な財務安定を目指すべきです。

  3. 『グローバルな展開の再評価』 国際的な労働力の動向を鑑み、企業はグローバルな展開戦略を再評価し、新興市場やコスト効率の高い地域へのシフトを検討する場合があります。

  4. 『法的遵守とリスク管理』 レイオフ後の再雇用プロセスとグリーンカード申請の法的要件を遵守することは、企業にとって重要なリスク管理の一環です。

  5. 『技術革新と市場適応』 テクノロジー業界の企業は、技術革新と市場の需要に応じて柔軟に対応することで、競争優位性を維持することが求められます。


「Q&A」

Q1: なぜアマゾンとグーグルはグリーンカードの申請を一時停止するのですか? A1: アマゾンとグーグルは、テクノロジー業界におけるレイオフの増加と運営上の制約を背景に、2024年にPERM申請を一時停止しました。これにより、効率化を図り、現在の従業員に焦点を当てることができます。


Q2: グリーンカード申請の停止が外国人労働者にどのような影響を与える可能性がありますか? A2: グリーンカード申請の停止は、外国人労働者が米国で安定した職を見つける機会を制限する可能性があります。特にテクノロジー業界で働く希望がある外国人にとって、この措置はキャリアパスに大きな影響を及ぼす可能性があります。



Comments


bottom of page