top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

米国内での雇用の地理的移動 / Sunbelt and Midwest Cities on the Rise:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

米国の雇用の中心が、高い住宅コストから逃れようとする動きによって、従来の沿岸の大都市からサンベルトとミッドウエストの都市へと移動しています(Sunbelt and Midwest Cities)。


この地理的なシフトは、特に低い平均賃金を持つ都市での雇用成長を加速させています。


サンベルト地区とは、アメリカ合衆国南部と西部に広がる広範な地域で、特に温暖な気候と経済的な成長が特徴です。


「主要な点」

  1. 『雇用の地理的シフト』 アメリカの主要な雇用拠点が、サンフランシスコやニューヨークなどの沿岸都市から、サンベルト地帯の都市やミッドウエストに移動しています。この変化は住宅コストの上昇に伴うものです。

  2. 『新しい雇用の中心地』 ゲインズビルやヒルトンヘッド島など、住宅費が安価な都市が新たな雇用創出のリーダーとして登場し、高い雇用成長を見せています。

  3. 『雇用成長の要因』 低コストの生活と住宅が可能な都市は、雇用の成長が顕著であり、これには住宅費の他に、オフィススペースのコスト削減やその他の財政的インセンティブが関係しています。

  4. 『技術セクターの減速とその影響』 テクノロジー業界の減速が、職の再配分を促進しています。これは、プロフェッショナルサービスや小売など、関連する多くのセクターにも影響を及ぼしています。

  5. 『都市の安全性と公共秩序に対する認識』 大都市の安全性と公共秩序に対する負の認識も、人々がこれらの都市から離れる一因となっています。これはパンデミック前後での都市の魅力の変化を反映しています。

  6. 『パンデミックによる影響の持続』 パンデミックによる経済的・地理的な再編の影響は依然として続いており、多くの人々がより生活費の安い都市へと移動しています。

  7. 『将来の雇用市場の展望』 これらの変化は、アメリカ経済の南部および中央部への移行を示しており、新たな経済的・地理的な動向が今後も続くことが予想されます。


「企業の検討点」

  1. 『企業の立地戦略』 企業は、労働力が移動するにつれて、より低コストの地域にオフィスを構えることで、運営コストを削減するチャンスがあります。

  2. 『労働市場への適応』 企業は、新たな雇用の中心地での存在感を強化し、地域に根差した雇用戦略を展開する必要があります。

  3. 『人材獲得の機会』 人材が豊富な新たな地域では、企業は質の高い労働力を確保しやすくなるため、リクルーティングと人材管理の戦略を見直す好機です。

  4. 『地域経済との連携』 地域経済との連携を深めることで、企業は地域社会に貢献し、その地域でのブランドイメージを向上させることができます。

  5. 『長期的な計画と投資』 長期的な視点から、企業は新しい地域への投資を行い、将来の市場動向に対応する準備を進めるべきです。


「Q&A」

Q1: なぜ雇用の中心がサンベルト地帯やミッドウエストに移動しているのですか? A1: 住宅費の高騰と生活費の上昇が主な理由です。これにより、低コストで生活できる地域への移動が促されています。


Q2: この地理的なシフトはどのようにして雇用に影響を与えていますか? A2: 低コストの地域への移動は、新しい雇用機会の創出と地域経済の活性化を促しています。これにより、より多くの業界が地域に根ざした雇用を増やしています。



Comments


bottom of page