top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

意見を求められない従業員:ハイブリッド勤務のギャップ/The Gap in Hybrid Work Discussions: 「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

近年、勤務形態の柔軟性は従業員にとって必須のメリットとなりましたが、多くの企業がその実装に際して従業員の意見を十分に反映させていない現状があります。


  1. 従業員の参加不足: ハイブリッド勤務やオフィスへの復帰に関する議論に、従業員が一般的に参加していない状況があります。

  2. 柔軟性の重要性: 勤務の柔軟性は従業員にとって不可欠なメリットであり、これがない場合は職を変えることを検討する可能性があります。

  3. 意見の未収集: 多くの企業が従業員のリモートおよびハイブリッド勤務に関する意向を聞いていないことが調査で明らかになりました。

  4. 勤務柔軟性の低下: 企業が勤務の柔軟性を減らした場合、特にミレニアル世代を中心に、従業員が退職を考える可能性が高まります。

  5. 対面でのタスクの利点: 新入社員の統合やチームビルディングなどの社会的活動は、対面で行う方が効果的であると従業員は感じています。

  6. リモート勤務のメリット: 集中力が求められる作業や研究、深い思索が必要なタスクは、リモート勤務に適しているとされています。

  7. オフィス勤務のメリット: 社会性の向上、協力の改善、仕事のオフィス内留め、生産性の向上、分散が少ないことが、オフィス勤務の利点として挙げられています。

  8. オフィス勤務のデメリット: ワークライフバランスの低下、ストレスの増加、コストと通勤時間の増加が、オフィス勤務のデメリットとして指摘されています。

  9. 個々の好み: 従業員の勤務形態に対する好みは一律ではなく、全日オフィス勤務と半日勤務で意見が分かれています。

  10. 雇用主への注意: 雇用主はオフィスへの復帰方針を慎重に考え、特定のビジネス目標に合わせて方針をカスタマイズする必要があります。

「企業の検討点」

  1. 従業員とのコミュニケーションを強化し、ハイブリッド勤務の議論に彼らを積極的に参加させる。

  2. 勤務の柔軟性を維持し、従業員の満足度と定着率を高める。

  3. 従業員の勤務形態に関する好みと意見を収集し、評価する。

  4. 対面とリモートのタスクの利点を理解し、最適な勤務形態を導入する。

  5. 勤務形態の方針をビジネス目標に合わせて柔軟に調整する。



Comments


bottom of page