top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

Appleの巨額和解/採用差別問題:$25 Million in Worker Dispute:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

Apple Inc.の$25百万に及ぶ和解は、採用における公正性と法的コンプライアンスの重要性を浮き彫りにしました。


企業は内部プロセスを見直し、全ての労働者に対して平等な機会を保証することが求められています。


  1. 「Appleとの和解」:Apple Inc.は、米国内の採用活動における市民権に基づく差別の申し立てに対し、2,500万ドルの支払いで合意に至りました。この金額には遡及給与と民事罰金が含まれています。

  2. 「司法省の役割」:司法省はこの合意を、移民国籍法の反差別条項の下で獲得された最大の和解と位置づけています。司法省は雇用における市民権または移民の地位に基づく差別に厳格に対処する姿勢を明確にしています。

  3. 「PERMプログラムの誤用」:PERMプログラムは、雇用主が移民労働者をスポンサーとして緑のカードを取得するために使用できますが、Appleはこのプログラムを利用して米国労働者を差別していました。

  4. 「採用プロセスの不備」:司法省の調査によると、AppleはPERMを通じて埋めたいと考えていた職位を外部の求人ウェブサイトに掲載せず、他の職位とは異なり、応募者には郵送での申請を要求していました。

  5. 「採用の障壁」:Appleのこのような効率的でない採用実践は、保護された労働者がPERMの受益者に代わって職位に応募することを妨げていました。

  6. 「他社の事例」:Facebookもまた、米国の応募者よりPERMを通じた採用を優遇したとして司法省から標的にされています。

  7. 「司法省の警告」:以前、Facebookに対する和解において、司法省は明確なメッセージを発しました:「あらゆる雇用主に対して、米国労働者よりもビザ保持者を違法に優遇する行為は許されない」。

  8. 「Facebookとの和解」:Facebookは2021年10月の司法省との和解で、米国に$4.75百万の民事罰金と、差別の影響を受けた候補者に最大$9.5百万を支払うことに同意しました。

  9. 「採用慣行への影響」:このような大企業の和解は、他の企業の採用慣行にも影響を及ぼし、より公平な採用が行われるよう促す可能性があります。

  10. 「企業の対応」:企業はこの事件を教訓として、採用プロセスの透明性を高め、法的基準を順守するよう努める必要があります。

「企業の検討点」

  1. 「採用プロセスの透明性」:企業は採用プロセスを公開し、全ての応募者に公平な機会を提供すべきです。

  2. 「法的コンプライアンス」:PERMプログラムなどの移民労働プログラムを利用する際は、市民権や移民の地位に基づく差別を避ける必要があります。

  3. 「内部監査の強化」:採用プロセスが法的要件に準拠していることを保証するため、定期的な内部監査を実施することが重要です。

  4. 「多様性と包摂」:多様性を高めることが企業文化にとって不可欠であり、採用プロセスはこれを反映すべきです。

  5. 「危機管理」:法的な問題が発生した際には、迅速かつ透明な対応が企業の評判を守る鍵です。

「過去の事例」

  1. Facebookの和解:Facebookは$4.75百万の民事罰金と最大$9.5百万を差別により影響を受けた候補者に支払うことで、同様のPERMプログラム利用に関する申し立てを解決しました。

  2. Infosysの和解:Infosysは2013年に$34百万でビザ詐欺および移民ステータスの虚偽申告に関する連邦調査を解決しました。これは当時、移民詐欺に関する史上最大の和解でした。

  3. テスラの訴訟:テスラは外国人労働者を不当に低賃金で雇用したとして訴えられました。これは、労働者の権利と公平な雇用慣行に対する注意喚起の例です。



Opmerkingen


bottom of page