top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

Twitter社、WARN法違反で訴訟

米国のみではなくて、インド、日本等の各国でもレイオフが行われたTwitter社。

米国では既に、連邦法のWARN法違反により訴訟がされている。


大量解雇(Mass Lay Off)が起こる際に企業が順守をしなければいけないのがWARN法である。


50名以上、もしくはパートタイム従業員を除き33%以上の従業員の解雇をする際には、少なくとも解雇日60日前に書面での通知が義務付けられている。


WARN法違反のペナルティは、解雇された従業員の給与と福利厚生に相当する金額(最大60日間)の支払いとなる。


しかしこの訴訟に関してはTwitter社が既にPenaltyを支払う用意が出来ている、またはWARN法を見越して解雇を遂行したと考えることが自然のことのように思える。


一気に改革が進んでいるTwitter社はこれからどのように変貌するのであろうか。

Comments


bottom of page