top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

訓練とリスキリングの優先 / Prioritizing Training and Reskilling:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

アメリカの人事管理界における最新のトレンドとして、リスキリングの優先化、スキルベースの採用、ハイブリッドワークの導入、そして新しい報酬戦略の採用が注目されています。


これらの戦略は、企業が直面する現代の挑戦に対応し、競争力と従業員の満足度を高めるための鍵となります。


2024年には75%の企業が人材管理戦略において従業員体験と組織文化に焦点を当てる予定であるという調査結果も発表されています。


  1. 「訓練の優先順位」:デロイトの最新レポートによると、私企業は今後12ヶ月間でリスキリングに重点を置く計画。

  2. 「スキルベースの採用」:企業は、スキル重視の採用戦略に注力し、競争力の強化を目指している。

  3. 「ハイブリッドワーク」:新しい労働環境としてハイブリッドワークが注目され、企業の柔軟性と生産性の向上に貢献。

  4. 「新しい報酬戦略」:企業は従業員の動機付けと競争力を高めるために、新しい報酬戦略を採用している。

  5. 「キャッシュフローと採用」:100社のプライベート企業の幹部の60%が、キャッシュフローが今後の採用に制限を与えると述べている。

  6. 「生産性と技術投資の増加」:リーダーたちは、生産性の向上と技術への投資を主要なビジネス優先事項として挙げている。

  7. 「重要なスキルセット」:情報技術、販売・マーケティング、サプライチェーンが、今後の人材ニーズを満たすための主要なスキル。

  8. 「訓練とリスキリング」:企業は、今後の人材ニーズに対応するために、訓練とリスキリングに大きく依存する予定。

  9. 「学習と発展の機会」:eLearning Industryの報告によると、半数以上の労働者が、進歩のための学習や訓練の機会が提供されていないと感じている。

  10. 「CHROの人材戦略」:2024年には、75%のCHROが人事戦略において従業員体験と組織文化に焦点を当てる計画。


「企業の検討点」

  1. 「リスキリングの優先化」:企業は従業員のリスキリングを通じて、ビジネスの変化に対応する必要がある。

  2. 「スキルベースの採用」:スキル重視の採用戦略が、企業の競争力と生産性の向上に貢献する。

  3. 「ハイブリッドワークの導入」:柔軟な労働環境の提供が、従業員の満足度と生産性を向上させる。

  4. 「報酬戦略の見直し」:効果的な報酬戦略は、従業員のモチベーションとロイヤリティを高める。

  5. 「内部移動の促進」:内部移動を促進することで、従業員のキャリアパスと組織の柔軟性が向上する。


「Q&A」

  1. Q:リスキリングとは具体的にどのような意味ですか?              A:リスキリングとは、従業員に新しいスキルや知識を教え、現在の労働市場の要求に合わせて彼らの能力を更新するプロセスです。これにより、従業員は変化するビジネス環境で競争力を保つことができます。

  2. Q:スキルベースの採用のメリットは何ですか?                 A:スキルベースの採用は、候補者の学歴や経歴よりも実際のスキルや能力に重点を置くことで、より適切な人材を見つけることができます。これは、企業が多様な才能を引き寄せ、イノベーションと生産性を向上させるのに役立ちます。

  3. Q:ハイブリッドワークはどのように従業員の満足度に影響しますか?       A:ハイブリッドワークは、オフィスとリモートワークのバランスを提供することで、従業員に柔軟性と選択の自由を与えます。これは、従業員のワークライフバランスの向上と、生産性の増加に寄与します。



Comments


bottom of page