top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

2023年の米国新市民 / U.S. New Citizens of 2023:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

2023年、米国は再び多くの新市民(New Citizens)を迎え入れ、多文化の絆を強化しました。


全国各地で行われた帰化式典では、総計878,500人が米国市民となり、その多くがCOVID-19パンデミック前の水準を上回る申請処理速度で帰化を果たしています。


メキシコ、インド、フィリピンといった国々がトップの出身国であり、新市民たちはアメリカの多様性を一層豊かにしています。


「主要な点」

  1. "年間帰化数の推移:2023年には前年を上回る878,500人が米国市民として帰化し、パンデミック以前の水準を超える帰化申請処理が行われました。"

  2. "主要都市での帰化状況:ダラス、ヒューストン、シカゴなど、大都市が多くの新市民を迎え、その数は全体の15.2%を占めます。"

  3. "帰化市民の年齢層と性別:30歳から44歳が39%を占め、帰化市民の中間年齢は41歳。女性が全体の55%を超えます。"

  4. "帰化適格性の条件:最も一般的な帰化の条件は、法的永住権を5年以上保持することです。その他、米国市民の配偶者や軍人等、特例も存在します。"

  5. "出身国別の帰化市民:メキシコ出身者が最も多く、次いでインド、フィリピンなどが続きます。これらの国々からの帰化者は、多様な文化的背景を米国にもたらしています。"

  6. "州別居住地での帰化:カリフォルニア、テキサス、フロリダ、ニューヨークの順に多くの帰化市民が居住しており、これらの州は移民が多いことで知られています。"

  7. "帰化申請の居住年数:帰化市民の中央値は7年ですが、出身国によっては10年以上の居住が求められることもあります。"

  8. "月間帰化数:2023年には毎月一貫して高い帰化申請数が報告され、COVID-19の影響を克服しています。"


「企業の検討点」

  1. "グローバルな労働力の理解:多様な出身国からの新市民が帰化することで、ビジネスはグローバルな視野と多文化理解が求められます。"

  2. "法的要件の遵守:帰化過程における法的要件を理解し、企業が従業員の帰化支援を行う際の指針とすることが重要です。"

  3. "人材確保のチャンス:新市民となった人々は、新たな職場での機会を求めており、企業にとって有能な人材を確保する絶好の機会です。"

  4. "文化的多様性の促進:帰化市民を積極的に受け入れることで、職場の多様性と包摂性が促進され、組織の革新が進む可能性があります。"

  5. "経済成長への貢献:帰化市民が地域経済に参加することで、新たな消費者としても市場拡大に寄与します。"


「Q&A」

Q1: "帰化申請の平均所要年数はどのくらいですか?" A1: "帰化申請者の平均所要年数は約7年ですが、出身国によっては長くなることもあります。"


Q2: "新市民の主な権利には何が含まれますか?" A2: "新市民は投票権や公職への立候補権など、アメリカ市民としての基本的な権利と特権を享受します。"


Q3: "どの州が最も多くの帰化市民を受け入れていますか?" A3: "カリフォルニア、テキサス、フロリダ、ニューヨークが帰化市民を最も多く受け入れている州です。"




Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page