top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

有害な企業文化を見抜く方法/Spotting Toxic Work Environments:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 有毒な企業文化 多くの人々が魅力的なミッションに引かれるものの、文化が有毒であれば結局は退職を選びます。

  2. 真のフレキシビリティ 真のフレキシビリティとは、個人の強みやニーズに合わせて仕事のやり方を選べることを指します。

  3. 偽のフレキシビリティ 一見柔軟性があるように見えても、実は裏に厳格なルールや期待が隠れていることがあります。

  4. 毒性のある礼儀正しさ 問題点やリスクを指摘することが避けられ、その結果、企業自体が危険にさらされる場合があります。

  5. コスメティックダイバーシティ 表面的な多様性のみで、実際のところリーダーシップ層に多様性が欠けている場合があります。

  6. 悪いマネージャー 直属のマネージャーの態度やスタイルは、従業員の職場経験に大きな影響を及ぼします。

  7. 「ゴースト」の同僚 相互のコミュニケーションをとらず、孤立して働くことが日常化する環境は避けるべきです。

  8. コミュニケーションの重要性 仲間とのつながりを持つ従業員は、2.5倍の働きがいを感じると言われています。

  9. 新しい仕事の選択 企業文化を深く理解し、赤いフラグがある場合は選択を避けることが重要です。

  10. 健康的な企業文化の要件 信頼、透明性、そして尊重。これらが企業文化の健全性を保つための3つの鍵となります。

「企業の検討点」

  • 企業文化は従業員の満足度や離職率に直接影響する。

  • 真のフレキシビリティと多様性は生産性とイノベーションを推進する。

  • マネージャーの役割は従業員の経験を形作る上で極めて重要である。

  • コミュニケーションとつながりは生産性と幸福感を高める。

  • 企業文化は外から見て判断するより、内部で経験することで真の価値がわかる。


コメント


bottom of page