top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

スキルギャップの時代:企業が取り組むべき戦略:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. Salary.comの報告によると、米国の雇用主の約四分の一が自社に大きなスキルギャップが存在すると感じており、さらに42%は2年以内にそれが自社に影響を及ぼすと予想している。

  2. 現在、そして今後発展するであろうスキルギャップの主な理由として、技術、従業員の離職、労働力不足が挙げられています。

  3. これに対応するために、組織の70%は従業員の学習と開発の取り組みに投資しています。

  4. ほとんどの雇用主は、生成AIが必要なスキルにどのように影響を及ぼすかを完全に決定していませんが、約3分の1はそれが現在求めるスキルの種類を変えており、もう3分の1は来年の求めるスキルに影響を及ぼす可能性があると述べています。

  5. Salary.comの報告では、効果的なコミュニケーション(65%)、問題解決(55%)、批判的思考(47%)、詳細への注意(43%)、分析的思考(41%)が最も求められるスキルとして挙げられています。

  6. 雇用主は、スキルベースの採用、職務内容の見直し、採用要件の微調整などを通じてスキルギャップに対応しようとしています。

  7. しかしながら、スキルと能力の枠組みを導入することが重要で、採用定義のバイアスを減らすと考える人々の半分以上に対し、実際にそのような枠組みを導入しているのは四分の一以下です。

  8. 一方で、雇用者はスキルベースの採用を十分に迅速に採用しておらず、労働市場の変化とスキルギャップに対応できていないと指摘されています。

「企業の検討点」

  1. スキルギャップは、労働力市場の挑戦の一部であり、それに対応するための戦略を策定することが重要。

  2. 再教育やスキルベースの採用は、スキルギャップに対する有効な対策であると認識すること。

  3. スキルと能力の枠組みを導入し、職務の定義におけるバイアスを減らすこと。

  4. 従業員の能力を最大限に活用するために、スキルインベントリを行うこと。



Comments


bottom of page