top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

ニューヨーク州における競合避止契約禁止法案:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. ニューヨーク州の提案法案は、競合避止契約に関する最も厳しい法律の一つ。

  2. 提案法案は既存の競合避止契約を無効にすることは無さそうであるが、裁判所の判断によっては異なる可能性も有。

  3. 提案法案では、契約の修正に関する明確な定義がなく、修正された契約が競合避止条項を無効にする可能性が有。

  4. 提案法案では、裁判所は非競合契約全体を無効にする権限を持つ可能性が有。

  5. 対象者には雇用者以外のサービス提供者も含まれる可能性がありますが、その範囲には制約が有。

  6. 例外の範囲がどれほど狭いのかについては不明瞭。

  7. 提案法案には、事業の売却に関する例外が含まれていないため、懸念が生じる。

  8. 雇用者が従業員に競合行為を行わないように報酬を支払うことはできるのかについては不明瞭。

  9. 従業員が同僚を勧誘することを防止できるのかについては不明瞭。


Comments


bottom of page