top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

働く環境の再考従業員のウェルビーイングへの新たな取り組み/ New Approaches to Employee Well-being:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

パンデミック期間中に多くの企業が導入した特別な福利厚生、例えばIndeedの「You Days」など、従業員のメンタルヘルスをサポートするための制度は、現在変化の時を迎えています。


Indeedは、引き続き無制限の有給休暇を提供し、勤務地や形態の柔軟性を維持する一方で、「You Days」は終了しました。


これは、パンデミック後の働き方や福利厚生の再考を象徴する動きであり、企業は従業員のメンタルヘルスをどのように支援し続けるか、新たなアプローチを模索しています。

  1. 「You Daysの終了」:Indeedは、従業員のメンタルヘルス向上を目的とした月一の休暇制度「You Days」を2023年に終了。この制度はパンデミック時に導入され、一時的なものであったと発表。

  2. 「メンタルヘルス支援の増加」:パンデミック期間中、多くの企業が従業員のメンタルヘルス支援を強化。LinkedInはプロダクションを週一で停止し、EYはメンタルヘルスのための手当を提供。

  3. 「福利厚生の変化」:パンデミック後の復帰に伴い、特定の福利厚生が削減。オフィス復帰を促す動きが見られる。

  4. 「無制限の有給休暇の提供」:Indeedは引き続き無制限の有給休暇を提供。従業員は必要に応じて休暇を取得可能。

  5. 「勤務形態の多様性」:Indeedは勤務地や勤務形態の選択肢を提供し続ける。従業員はオフィス、ハイブリッド、または完全リモートでの勤務を選択できる。

  6. 「パンデミック時の政府支援の変化」:パンデミック期間中の連邦政府による子育てプログラムの資金援助が2023年9月30日に終了。これは福利厚生の変化の一例。

  7. 「業務への影響」:パンデミックによる緊急時の福利厚生が終了し、通常の業務への移行が進む。

  8. 「従業員の健康と福祉」:企業は従業員のメンタルヘルスをどのように支援し続けるべきか、新たな取り組みが求められている。

  9. 「リモートワークの普及」:多くの企業がリモートワークを導入し、従業員に柔軟な勤務形態を提供している。

  10. 「新たな働き方の模索」:企業はパンデミックを機に、従業員の働き方や福利厚生に関する新たなアプローチを模索している。

「企業の検討点」

  1. 「福利厚生の見直し」:パンデミック後、企業は従業員のメンタルヘルスと福利厚生のバランスを見直す必要がある。

  2. 「柔軟な勤務形態の維持」:従業員の多様な働き方に対応し、勤務地や勤務形態の選択肢を維持することの重要性。

  3. 「従業員の健康とウェルビーイング」:メンタルヘルス支援を含む従業員の健康とウェルビーイングへの継続的な投資。

  4. 「新しい業務環境への適応」:パンデミック後の新しい業務環境への迅速な適応と、従業員のニーズに応える。

  5. 「政策とプログラムの更新」:パンデミックに伴う政府の支援策変化を踏まえ、企業政策とプログラムを更新する必要性。

「Q&A」

Q1: Indeedの「You Days」はなぜ終了したのですか?

A1: Indeedは「You Days」をパンデミック時の一時的なメンタルヘルス支援策として導入しました。しかし、パンデミック後の変化する状況と従業員のニーズの進化を受けて、このプログラムを終了し、他の福利厚生への注力を決定しました。


Q2: 企業がメンタルヘルス支援を提供することの重要性は何ですか?

A2: メンタルヘルスの支援は、従業員のストレスを軽減し、生産性を向上させ、職場での満足度を高める効果があります。これにより、従業員の忠誠心が高まり、企業の全体的なパフォーマンスも向上します。


Q3: 企業がパンデミック後に検討すべき福利厚生の変更点は何ですか?

A3: パンデミック後、企業は従業員の現在のニーズに合わせて福利厚生を再検討し、必要に応じて調整することが求められます。特に、柔軟な勤務形態の提供、メンタルヘルスへの支援の充実、リモートワークのサポートの強化が重要なポイントとなります。


Comments


bottom of page