top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

ワークライフバランスの重要性:米国労働者のメンタルヘルスの現状:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 米国の労働者の約3分の1が、自己報告によるメンタルヘルスのレベルが半年前より低下していると感じています。

  2. メンタルヘルスが低下したと報告した労働者の約半数は、週に50時間以上働いている。

  3. メンタルヘルスの問題についてマネージャーに話すことが不快だと感じている労働者が38%います。これは一年前の倍以上です。

  4. メンタルヘルスの問題に対処するために休みが必要だと感じている労働者の半数がいますが、明確にメンタルヘルスの休みを要求していません。

  5. 労働者の55%が、罪悪感なしで休日を取ることが有益だと感じています。

  6. 労働者の約半数が、柔軟なワークスケジュールやハイブリッドワークスケジュールが有益だと感じています。

  7. 47%の労働者が、健全なワークライフバランスを推進するためのマネージャー研修が職場環境を改善することができると感じています。

  8. 「休業日」や「休業週」を設けることにより、企業は従業員が仕事から切り離すことを可能にしています。

  9. 従業員の燃え尽き症候群が高いままであることが、最近の研究で明らかになっています。

  10. 若い労働者の多くが、メンタルヘルスの福利厚生を提供する企業を優先して仕事を探していると述べています。


コメント


bottom of page