• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

採用プロセス

周知のことではあるが、求人情報の内容次第で雇用を有利に進めることが出来る。

周知のことではあるが、求人情報の内容次第で雇用を有利に進めることが出来る。


明確に差が出る項目の一つがリモートワークのオファーの有無である。


リモートワークを提供する求人はオフィスワークのみの求人と比較すると57%高い確率で候補者を採用ができ、またそのため採用コストも低く済むという。


また、最近は給与情報の透明性も重要視されている。


Beqom社の調査によると、求人情報に給与に関する詳細な内容を記載するべきと回答をした求職者は、約75%ほどおり、また大半が給与情報を詳細に掲載している企業へ応募する可能性が高いという。


ニューヨーク州始め多くの州で企業に対して候補者への給与開示を義務付ける法律が制定されており、今後も増加する可能性が高い。


他方、Indeed社等によると、給与の透明性を義務付ける州での求人数が減少傾向にあり、企業が雇用を避けているようだ。


健康保険を含むヘルスケアベネフィットへの関心が集まっており、採用におけるこれら福利厚生の重要性もさらに増している。

最新記事

すべて表示

8月のJOLTS