top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

健康保険が引き起こす職場のジレンマ / The Workplace Dilemma Caused by Health Insurance:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

健康保険(Health Insurance)を手放せないために不満足な職場に留まる従業員が多数存在しています。


アメリカでは、多くの労働者が自己のキャリア進展や職場環境に不満を感じながらも、健康保険の恩恵を受けるために現職を続けています。健康保険を失うリスクが大きな障壁となっており、キャリア選択に大きな影響を与えています。


「主要な点」


  1. 健康保険のために不満足な仕事を続ける

  • アメリカでは、健康保険のために職場に留まる従業員が多い。約16%の従業員が、保険を失うリスクを避けるために不満足な職場で働き続けている。

  1. キャリアアップの見込みが限られている状況

  • 職場でのキャリア進展の欠如や困難な同僚との関係にもかかわらず、38%のアメリカ人が健康保険を理由に現職に留まっている。

  1. 自営業への転職を妨げる健康保険の影響

  • 全時間雇用の従業員の約45%が、健康保険を失うリスクを理由に自営業への転職を躊躇している。

  1. 若年層の健康保険に対する懸念

  • 26歳未満のGen Zの55%が将来の健康保険について不安を感じており、これは若い世代の将来に対する懸念を反映している。

  1. 自営業者の健康保険の現状

  • 10人に1人以上の自営業者が2024年には健康保険を持っていない可能性があり、また自営業から雇用者提供の健康保険への移行を検討している者も約30%存在する。

  1. 健康保険のために我慢する職場環境

  • 従業員は高ストレス(24%)、長時間労働(26%)、劣悪なワークライフバランス(15%)、低賃金(12%)など、さまざまな困難を健康保険のために我慢している。

  1. 従業員の仕事への満足度の低下

  • ギャラップによると、2023年には従業員が組織への愛着や仕事への満足度、組織の使命との繋がりを感じにくくなっている。

  1. 雇用者による従業員満足度の向上策

  • 雇用者は、従業員の健康保険の重要性を理解し、従業員の満足度を高めるための措置を講じる必要がある。


「企業の検討点」


  1. 従業員の健康保険依存度の高さの認識

  • 企業は、従業員が健康保険にどれだけ依存しているかを理解し、その影響を考慮する必要がある。

  1. キャリア進展の機会の提供

  • 従業員が仕事に満足し、長く留まるためには、キャリアアップの機会を提供することが重要である。

  1. 自営業への移行支援

  • 従業員が自営業への移行を検討する場合、健康保険の選択肢や代替策を提供することでサポートする。

  1. 若年層の健康保険に対する懸念の解消

  • 特に若い世代が将来の健康保険に対して抱える不安を理解し、それに対応する必要がある。

  1. 従業員のワークライフバランスの改善

  • 従業員が健康保険のために労働条件を受け入れるのではなく、良好なワークライフバランスを提供することが求められる。


「Q&A」

  1. Q: なぜ多くのアメリカ人が不満足な職場に留まるのですか?            A: 健康保険を失うリスクを恐れ、特に現在のリストラの季節において、職場を変えることが困難であるためです。

  2. Q: 自営業への転職を考える従業員が直面する主な障壁は何ですか?         A: 健康保険を失うリスクが最大の障壁であり、これが多くの従業員が自営業への転職を躊躇する理由です。

  3. Q: 雇用者は従業員の満足度をどのように向上させることができますか?       A: キャリアアップの機会を提供し、ワークライフバランスを改善し、健康保険の重要性を理解することが重要です。

  4. Q: 若年層が健康保険に対して抱える懸念をどのように解消できますか?       A: 若年層のニーズを理解し、彼らに適した健康保険の選択肢を提供することで、これらの懸念を解消できます。




Comments


bottom of page