• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

やはり報酬と福利厚生

求職者が求めるものは増え続けているが、報酬と福利厚生が引き続き重要な位置を占めていることに変わりは無い。

転職を検討している労働者は以下を希望している。


◦ 77%:報酬アップとより良い福利厚生

◦ 60%:自身の価値観に合った企業

◦ 45%:ストレス軽減(ウェルビーイングの向上)


企業側からすると候補者がどのように企業にフィットして、どのような働き方をするのかを見極めるのが難しいのと同様、求職者も入社前に企業の就労環境を十分に理解することは難しい。


求職者自身も自身の目的・目標、転職理由を明確にすることで、より自分のニーズにマッチする企業を見つけることが可能になるのではないか。