top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

年齢・州・教育レベル別アメリカの平均給与額/Average Salaries: By Age, State, and Education Level:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

アメリカ合衆国における平均給与は、年齢、地域、教育水準など、さまざまな要因によって大きく異なります。


これらの要因が給与にどのように影響を与えるかを詳細に分析し、特に注目すべき点を明らかにすることで、企業の人材戦略や政策立案に役立つ情報を提供します。

  1. 年齢による給与の違い: アメリカにおける平均給与は、年齢層によって大きく異なります。特に45歳から54歳の年齢層で給与が最も高くなる傾向があります。

  2. 給与の増加: 20歳から24歳の間から25歳から34歳の間に、最も大きな給与の増加が見られ、これはキャリアの進展と関連しています。

  3. 若年労働者の給与格差: 16歳から19歳の若年労働者は、年配の労働者に比べて平均で49.92%低い給与を得ており、これは経験やスキルの限られた範囲が原因です。

  4. 州別の給与差異: ニュージャージー州、マサチューセッツ州、メリーランド州では、年齢層による給与の跳ね上がりが顕著です。

  5. 新ハンプシャー州の若年層の高給与: 新ハンプシャー州の若年層は、平均で$52,926という高い給与を得ており、若手プロフェッショナルにとって魅力的な場所です。

  6. ニュージャージー州の給与格差: ニュージャージー州では、若年労働者と年配労働者の間で最も大きな給与格差が見られます。

  7. 教育水準による給与差: 学士号を持つ25歳以上の人々は、高卒者と比べて平均で76.24%高い給与を得ています。

  8. 高等教育の給与への影響: 高等学位を持つ人々は、学士号取得者よりも70.64%、副学士号取得者よりも143.54%高い給与を得ています。

  9. 年齢と性別による給与の差: 45歳から54歳の年齢層では、男女間で最も大きな給与格差が見られます。

  10. 性別による給与格差の変動: 16歳から19歳の年齢層では、性別による給与格差が最も小さく、これはキャリア進展に伴い変化する可能性があります。

「企業の検討点」

  1. 人材育成の重要性: 年齢と共に増加する給与格差は、労働者のスキルと経験の向上が重要であることを示しています。

  2. 若手労働者への投資: 若年層の低給与は、彼らへの教育と訓練の投資により改善される可能性があります。

  3. 地域経済の理解: 地域ごとの給与格差は、企業が事業展開を考える際の重要な要素です。

  4. 教育の価値: 高等教育は、労働者の給与増加に大きな影響を与えるため、企業は従業員の教育支援に力を入れるべきです。

  5. 性別による給与格差の認識: 性別による給与格差は、企業の人事戦略において考慮すべき重要な要素です。

「Q&A」

Q1: アメリカでの給与のピークはどの年齢層で見られますか?

A1: アメリカでは、45歳から54歳の年齢層で最も高い中央値給与が見られます。これは、キャリアの進展と経験の積み重ねによるものです。

Q2: 若手労働者の給与が低いのはなぜですか?

A2: 若手労働者の給与が低い主な理由は、限られた職務経験と狭いスキルセットにあります。これは、キャリア初期に一般的に見られる傾向です。

Q3: 教育水準が給与にどのような影響を与えますか?

A3: 教育水準が高い人々は、より高い給与を得る傾向があります。特に、学士号を持つ25歳以上の人々は、高卒者と比べて平均で76.24%高い給与を得ています。

Q4: アメリカにおける性別による給与格差の現状は?

A4: 性別による給与格差は、特に45歳から54歳の年齢層で顕著です。男性の中央値年収が女性よりも約26.5%高いことが観察されています。

Q5: 州によって給与にどのような違いがありますか?

A5: 州によって給与の差は大きく異なります。例えば、ニュージャージー、マサチューセッツ、メリーランドでは年齢層による給与の跳ね上がりが顕著ですが、新ハンプシャーでは若手労働者の給与が高いことが特徴です。



Comments


bottom of page