top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

従業員が語るヒルトンの真実:職場満足度/Voice of Hilton Employees: Inside Workplace Satisfaction:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

「世界最高の職場」として選ばれたヒルトンの成功事例には、従業員の意見を大切にし、積極的な意思決定に関与させる経営姿勢があります。


ヒルトンは奨学金プログラムの導入など、従業員のキャリアパス支援を強化することで応えています。


企業の成功は、従業員の満足度と直結しており、持続可能な職場環境の構築が不可欠であることが再確認されました。

  1. 世界最高の職場にヒルトンが選ばれる:ヒルトンは「フォーチュン」誌と「Great Place to Work」による世界最高の職場ランキングで首位に輝き、ホスピタリティ業界でこの栄誉を受けるのは初めて。

  2. 従業員意見に基づく評価:全世界の1,480万人の従業員の意見を基に、各組織がどのように素晴らしい職場を作り、地域社会に良い影響を与えているかが評価された。

  3. 経営上の課題と労働者ストライキ:パンデミック後の労働者不足から立ち直るための取り組みが進む中、特にサザンカリフォルニアではいくつかのヒルトン施設で労働者のストライキが続いている。

  4. 従業員の職場に対する見解:ヒルトンの従業員の90%が会社が素晴らしい職場だと感じ、88%が自分の仕事に特別な意味を見出していると回答。

  5. 経営陣とのコミュニケーション:84%のヒルトンの従業員が、仕事や職場環境に影響を与える意思決定に経営陣が従業員を巻き込んでいると感じている。

  6. 給与に対する満足度:しかし、給与に関しては75%の従業員が、自分たちがヒルトンから公平な利益分配を受けていると考えているに留まる。

  7. カリフォルニア州のストライキの背景:サザンカリフォルニアのヒルトンホテルでのストライキは、生活費の高騰に見合う給与を求める労働者の声が背景にある。

  8. ヒルトンの新しい人材獲得戦略:ヒルトンは「Every Job Makes the Stay」というキャンペーンを通じて新たな才能の獲得と現在のチームメンバーの仕事の重要性を強調している。

  9. 奨学金と財政支援プログラム:ヒルトンは、ホスピタリティ業界でのキャリア構築に情熱を持つチームメンバーや地域社会のメンバーに50万ドルを提供する奨学金と財政支援プログラムを開始。

  10. 職場環境の向上への取り組み:ヒルトンは、包括的で成長の機会に満ち、目的に基づいた職場を作るための不断の努力を続けている。

「企業の検討点」

  1. 持続可能な労働環境の構築:ヒルトンのような大企業でも継続的な労働者の満足度向上が求められる。

  2. 従業員の意見を反映する経営:従業員の意見を取り入れ、職場の意思決定プロセスに積極的に関与させることの重要性。

  3. 給与と生活費のバランス:生活費の上昇に対応し、従業員が公平な給与を受け取っていると感じられる環境の確保。

  4. 社員のキャリアパス支援:教育支援やキャリア構築支援を通じて、従業員の長期的なキャリアパスをサポート。

  5. 企業の社会的責任とブランドイメージ:企業の社会的責任を果たし、肯定的なブランドイメージを構築することの重要性。

「Q&A」

Q1: ヒルトンはどうして世界最高の職場に選ばれたのですか?

A1: ヒルトンは従業員の意見を尊重し、積極的な職場改善に努めてきました。従業員の職場満足度が高く、その結果がランキングに反映されています。


Q2: カリフォルニアのヒルトンでのストライキの主な理由は何ですか?

A2: 主な理由は、給与と生活費のバランスの問題です。従業員は、生活費の上昇に対応するため、より高い賃金を求めています。


Q3: ヒルトンは従業員のキャリア支援にどのように取り組んでいますか?

A3: ヒルトンは奨学金や財政支援プログラムを通じて、従業員の教育とキャリアの成長をサポートしています。これは従業員に対する感謝と、ホスピタリティ業界の才能拡大へのコミットメントを示しています。


Comments


bottom of page