top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

職場の孤独感とその影響/The Impact of Workplace Loneliness:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

職場における孤独感の深刻な問題に焦点を当てています。


従業員の4人に1人以上が「非常に」または「多少」孤独を感じていることが示され、この問題は男性、特に若い世代の従業員により顕著です。


また、会議の多さが孤独感を増加させる要因であることも明らかになっています。


これらの調査結果は、職場における孤独感が従業員のエンゲージメントや生産性に与える影響を考慮すると、企業が従業員のメンタルヘルスを重視し、働き方を見直す必要性を示しています。


  1. 「職場の孤独感の実態」:Perceptyxの報告によると、40%以上の従業員が職場で孤独を感じており、これには深刻な影響がある。

  2. 「性別による孤独感の違い」:男性は女性の2倍「非常に」孤独を感じる傾向があり、これは職場のジェンダーダイナミクスに関する重要な洞察を提供する。

  3. 「世代間の孤独感」:ジェネレーションZとミレニアル世代の従業員は、ジェネレーションXやベビーブーマー世代よりも孤独を感じやすい。

  4. 「会議と孤独感の関係」:会議が多い従業員は、孤独感を感じる可能性が高く、これは会議の質と量のバランスの重要性を示唆している。

  5. 「仕事における孤独感の影響」:孤独な従業員は、エンゲージメントが低く、生産性が低下し、睡眠障害や不健康な対処方法を取りやすい。

  6. 「オフィス復帰の限界」:オフィスに戻ることだけでは孤独感を解消できず、リモートワーカーの35%だけがオフィスでの時間増加が役立つと考えている。

  7. 「ハイブリッドワークの利点」:ハイブリッドワーカーは最も孤独感が少なく、働き方の柔軟性がメンタルヘルスに良い影響を与えることが示唆される。

  8. 「リモートワーカーのニーズ」:リモートワーカーをオフィスに戻すことは彼らのエンゲージメントを低下させ、孤独感を増加させる可能性がある。

  9. 「従業員の精神健康」:米国労働者の3分の1が、仕事の長時間、過重な作業負荷、不十分な職場コミュニケーションなどが原因で精神健康が昨年より悪化していると報告している。

  10. 「仕事とメンタルヘルス」:SHRM財団の研究によると、従業員の3分の1が仕事がメンタルヘルスに悪影響を与えていると述べており、これは組織が注目すべき問題である。

「企業の検討点」

  1. 「職場の孤独感への対策」:企業は従業員の孤独感を理解し、対策を講じる必要がある。

  2. 「会議の質と量のバランス」:会議の多さが孤独感を増加させるため、質と量のバランスを見直すべきである。

  3. 「柔軟な働き方の促進」:ハイブリッドワークやリモートワークの促進が従業員のメンタルヘルスに好影響を与える。

  4. 「精神健康の優先」:従業員の精神健康を優先し、適切なサポートを提供することが重要である。

  5. 「組織文化の改善」:信頼、尊敬、協力の文化を構築し、従業員間の質の高い交流を促進する。

「Q&A」


Q1: 職場での孤独感が従業員に与える影響について教えてください。

A1: 職場で孤独を感じる従業員は、一般的にエンゲージメントが低下し、生産性が落ちます。また、不眠症や不健康な対処方法を取る傾向があり、これは仕事の質や従業員の幸福感に大きく影響します。


Q2: リモートワークが従業員の孤独感にどのように影響するのですか?

A2: リモートワーカーは孤独を感じやすいと言われていますが、ハイブリッドワーク環境においては孤独感が少ないことが報告されています。ここで重要なのは、オフィスにいる時間の長さではなく、質の高いコミュニケーションと職場でのつながりです。


Q3: 企業は職場の孤独感にどう対応すべきですか?

A3: 企業は、従業員間の質の高い交流を促進することが重要です。信頼と尊敬に基づく組織文化の構築、従業員が自分の価値と組織への貢献を感じる環境の提供、そしてマネージャーとの良好な関係が、孤独感の軽減に寄与します。


bottom of page