top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

公平な職場の重要性:巨大企業が直面する賃金差別問題/The Importance of Workplace Equity: 「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

最近のニュースで注目を集めた、ファイザーとアメリカ労働省との間の200万ドルの和解は、多くの企業にとって重要な教訓を提供しています。


この和解は、賃金差別、特に女性従業員に対する不平等な賃金の問題が依然として存在し、企業がこの問題にどのように取り組むべきかの具体的な例を示しています。


賃金の公平性は単に法的要件を満たすだけでなく、従業員のモラルと満足度の向上、ブランドの評判の強化にもつながります。


  1. 200万ドルの和解金:ファイザーが女性従業員に対する賃金差別の疑いで支払う和解金の総額。

  2. 86名の被害者:不当な扱いを受けたとされる女性従業員の数。

  3. 差別の期間:問題のあった賃金の支払いが行われたのは2015年から2016年の間。

  4. 120万ドルの未払い賃金:和解金のうち、未払いだった賃金として女性従業員に支払われる額。

  5. 737,000ドルの利息:未払い賃金に対する利息として支払われる額。

  6. 差別的な賃金体系の廃止:ファイザーが差別的な賃金の実践を即座に停止することに同意。

  7. 賃金決定関係者のトレーニング:関係する職種の賃金を決定する担当者向けの教育・トレーニングを実施。

  8. ファイザーの声明:全ての賃金の違いは適切なビジネス要因に基づいており、差別的ではないとの立場。

  9. OFCCPの取り組み:バイデン政権下で賃金平等を重点課題と位置付け、複数の企業と和解に達成。

  10. 他の大企業との和解:同様の状況でJPMorgan Chase & Co.やMicrosoft傘下のLinkedInと和解。

「企業の検討点」

  1. 法令遵守:全ての従業員に対する公平な賃金体系を維持することの重要性。

  2. 透明性の確保:賃金構造と決定プロセスの透明性を高める。

  3. 継続的な監査:内部の賃金監査を定期的に実施し、不均衡を特定して是正する。

  4. 教育とトレーニング:人事やマネージャー向けの非差別と平等な職場作りのトレーニングを実施。

  5. 紛争解決の意志:問題が発生した際には、迅速かつ公平な解決を図る姿勢を持つ。



Comments


bottom of page