top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

リモートワーカーの休暇問題/The Remote Vacation Dilemma:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. リモートワーカーは非リモートワーカーよりも休暇を取らない - 統計によると、リモートワーカーは5.5%、約5時間少ない休暇を取っている。

  2. 22%が休暇を取らない - リモートワーカーの約22%が過去1年間に休暇を一切取らなかった。

  3. 休暇取得に対する感覚 - リモートワーカーはオフィスに物理的に存在しないため、休暇を取る意義を感じにくい。

  4. 休暇の際の外見の懸念 - リモートワーカーは休暇を取る際の他者からの印象を気にする可能性がある。

  5. 企業の休暇取得の奨励 - COVID-19以前から、企業は従業員に適切な休暇を取るよう促していた。

  6. 休暇中の自己負担 - 従業員の約33%が休暇中も仕事のことを気にしている。

  7. リモートワーカーの休暇取得への恐れ - 柔軟な日常生活の中で、リモートワーカーは休暇を取ることを恐れる可能性がある。

  8. フレキシブルな文化の重要性 - フレキシブルな文化を持つ企業はリモートワークの成功が高い。

  9. 従業員の自己目標と興味 - 従業員が自己の目標や興味を追求することを奨励する企業が成功している。

  10. 完全に仕事から切り離す休暇の重要性 - 休暇中も仕事を完全に忘れることの重要性が強調されている。

「企業の検討点」

  1. 休暇取得の奨励とサポートが必要。

  2. リモートワーカーへの休暇取得の障壁を理解し、克服する方法を模索する。

  3. 休暇取得のメリットとデメリットを明確に伝える。

  4. リモートワーカーの休暇中の印象についての懸念を払拭するためのコミュニケーションを強化する。

  5. 休暇取得の環境と文化を作り上げ、促進する。


Comments


bottom of page