top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

UPSドライバーの待遇、5年後には年間$170,000へ!:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. UPSとTeamsters Unionは先月給与増額などの労働条件改善で暫定的な合意。

  2. この合意により、ストライキの危機が回避された。

  3. 約340,000人の労働者がこの取り決めの投票中。

  4. 5年契約の終了時に、ドライバーの平均給与&福利厚生総額は$170,000に。

  5. パートタイム労働者の時給は最低$21に上昇。

  6. フルタイム労働者の平均時給は$49。

  7. 休日の強制オーバータイムは廃止される。

  8. 合意の結果、UPSの年間収益予測とマージン予測は修正。

  9. 給与が交渉の際の焦点だった。

  10. 他の業界の労働者も高給を求めて契約交渉を行っている。

「企業の検討点」

  1. 労働者の給与や待遇の要求に対応することの重要性。

  2. 労働組合との積極的な対話と交渉の必要性。

  3. 給与や待遇の改善が企業の業績に与える影響の認識。

  4. 業界の標準や動向を常にチェックし、対応策を考えること。

  5. 労働者の福利厚生や働き方の柔軟性を高めることで、長期的な業績向上が期待される。


Comentários


bottom of page