top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

Twitter社はEmailでレイオフ通知

イーロン・マスク氏が買収をして運営を開始したTwitter社。

大規模な社内改革を一気に開始しているようである。


最終的には約50%の従業員数、3,700人がレイオフされると予想されている。


またTwitter社は以前に恒常的にリモートワークを承認することを発表し、現在も多くの従業員がリモートワークを継続しているが、マスク氏はテスラ社の従業員同様、Twitter社の従業員に対しても100%オフィス出社を義務付けるようである。


11月3日(木)の夕方に従業員に連絡があり、11月4日(金)はオフィスが閉鎖された上で午前9時までにEmailでレイオフ通知がされたという。


一定数以上の従業員を同時期にレイオフをする場合、WARN ACTという法律のもと60日以上の事前通知が義務付けられており、事前に戦略は立てているのであろうが、Twitter社はこの件絡みで既に訴訟されている。

Comments


bottom of page