top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

学生ローンと退職金マッチング制度 / Student Loan and Retirement Fund Matching Programs:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

学生ローン(Student Loan)の支払いを退職金とマッチングさせるSECURE 2.0法が施行されました。


この法律の変更は特に学生ローンを抱える従業員にとって大きなメリットをもたらし、退職資金蓄積への道を開くものです。


企業にとっても、この新しい福利厚生は従業員のリテンションを高める手段となり得ます。


「主要な点」

  1. "学生ローンと退職金のマッチング": SECURE 2.0法により、雇用主は従業員の学生ローン返済に基づいて退職金をマッチングできるようになりました。これは学生ローンを返済する傍らで退職資金も蓄えられるようにするための制度です。

  2. "施行開始時期": この新しい制度は2024年1月1日から開始され、多くの従業員に影響を及ぼすことが期待されています。

  3. "マッチングの実際の仕組み": 従業員が学生ローンの支払いをすると、その金額が401kの拠出として扱われ、雇用主はそれに対してマッチング拠出を行うことができます。

  4. "マッチング拠出の条件": これらのマッチング拠出は、通常の退職金拠出と同様のベスティングスケジュールに従う必要があり、一定の資格要件を満たす必要があります。

  5. "実世界での利用例": 学生ローンの返済に重点を置いている従業員は、この制度を利用して退職金蓄積の機会を逃さずに済むようになります。

  6. "企業側のメリット": 学生ローンマッチングプログラムを提供することで、企業は人材獲得と従業員のリテンションに役立つと同時に、自社の退職金プラン参加を促進することができます。

  7. "潜在的な落とし穴": 一部の従業員は、収入に基づく返済計画を使用しているため、マッチングプログラムの恩恵を十分に受けられない場合があります。


「企業の検討点」

  1. "社員の学生ローンとのマッチングの検討": 企業はSECURE 2.0法による学生ローンと退職金のマッチングを検討し、福利厚生を充実させることができます。

  2. "制度の導入時期": この制度の利用開始時期を理解し、適切なタイミングでプログラムを導入することが重要です。

  3. "リクルーティングとリテンション": 学生ローンの返済支援は、新たな才能の採用と従業員の維持に有効なツールとなり得ます。


「Q&A」

  1. Q: SECURE 2.0法による学生ローンと退職金のマッチングはどのようものか?    A: 雇用主は従業員の学生ローン返済に基づいて退職口座へのマッチング拠出を行うことができます。

  2. Q: どのような従業員がこの制度の恩恵を最も受けることができますか?       A: 特に学生ローン返済に苦労している従業員がこの制度から大きな恩恵を受けることができます。

  3. Q: 企業はこの新しい福利厚生を提供することでどのようなメリットがありますか?  A: この制度は才能の採用と社員の維持に役立ち、退職金プラン参加を促進することができます。




Comments


bottom of page