top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

アメリカの学士号取得者の給与ランキングSalary Ranking of U.S. Bachelor's Degree Graduates: 「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

近年、多くの学生や若手の専門家がキャリアの初期段階での収入を重視して職業を選択しています。


アメリカ合衆国国勢調査局の最新のデータによれば、特定の学士の学位を持つ者の中央収入が他の分野よりも高いことが確認されています。


1. 電気工学の専門性: 電気工学の学位取得者の平均収入は他の多くの専門職よりも高いことが、アメリカ合衆国国勢調査局のデータにより明らかになっています。

2. コンピュータサイエンスの価値: コンピュータサイエンスを専攻した人々は、その専門性から$100,000以上の高収入を得る可能性が高いです。

3. 他の工学分野の収入: 電気工学やコンピュータサイエンス以外にも、機械工学や土木工学などの他の工学分野でも高収入が期待できます。

4. ビジネス分野の高収入: 金融や経済などのビジネス関連の分野は、工学分野に次いで高収入を持つ分野として注目されています。

5. 看護学の収入の実情: 看護学は工学分野ではないが、その価値と需要から比較的高収入を持つ職種である。

6. 収入の低い分野: 社会福祉や家族・消費者科学、初等教育を専攻した人々は、他の多くの専門職に比べて低収入であることが確認されています。

7. 企業の収入への取り組み: 企業は、高収入を得るための専門性やスキルを持つ人材を求めています。

8. 学位の価値: 学士以上の学位を持つ人々の中央収入は、$74,150以上であり、特に電気工学の分野では$121,600となっています。

9. 学生ローンと収入のバランス: 現在の学生は、卒業後の収入と学生ローンの返済を考慮しながらキャリアを選択する必要があります。

10. 将来のキャリア選択: 学生や若手の専門家は、収入だけでなく、自身の興味やキャリアの展望を考慮して選択する必要があります。


「企業の検討点」」

  1. 学位の選択は収入に大きく影響します。

  2. エンジニアリング分野は高収入をもたらす可能性が高い。

  3. エンジニアリング以外でも、適切な学位を選べば高収入が期待できる。

  4. 社会福祉や初等教育など、一部の分野では収入が低くなる傾向がある。

  5. アメリカの労働市場のデータを利用して、戦略的な人材育成を行うことが重要です。




Comments


bottom of page