top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

従業員の真の声: オフィス復帰に対する不満とは? The Unspoken Reality of Returning to Office:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

新しい正常への移行が進む中で、世界中の企業がオフィス環境への「復帰」を計画していますが、従業員からの反応は一様ではありません。


COVID-19パンデミックによって加速したリモートワークの採用は、従業員が仕事と生活のバランスを取る新しい方法を発見し、多くの場合、生産性を向上させる機会を提供しました。


しかし、一部の企業がフルタイムでのオフィス復帰を推進している一方で、従業員の多くはこれに抵抗し、勤務地の柔軟性を重視する新たな職を求めています。


このブログでは、オフィスへの復帰に関する従業員の不満点、現象としての「コーヒーバッジング」、そして企業がこれらの挑戦にどのように対応し、従業員の満足度を高め、最高のパフォーマンスを引き出すことができるのかに焦点を当てています。


時代が変わり、従業員のニーズが進化する中、企業はこれらの声に耳を傾け、より柔軟で人間中心のアプローチを採用することが不可欠です。


  1. フルタイムオフィス不満: 22%の従業員のみがフルタイムのオフィス勤務を望んでいるが、実際には多くの従業員がフルタイムでオフィスに戻っている。

  2. コーヒーバッジング現象: 社員の大多数がオフィスに顔を出すだけで、フルタイムでの出勤を避ける傾向がある。

  3. 抵抗の声: 従業員の大部分がリモートまたはハイブリッドの勤務形態を維持したいと考えており、フルタイムでのオフィス復帰方針には抵抗している。

  4. 柔軟性への渇望: 従業員は場所や時間に関する柔軟性を求めており、そのために新しい仕事を探している。

  5. 復帰をサポートするインセンティブ: 従業員がオフィスに戻るためのインセンティブとして、通勤費の補助やオフィスでのプライバシーの提供、デイケアやエルダーケアのサポートが挙げられている。

  6. コミュニケーションの必要性: 従業員は同僚がいつオフィスにいるかを知ることが重要であり、これは効果的なコミュニケーションとコラボレーションに貢献する。

  7. フィードバックの機会の不足: マネージャーとハイブリッドワーカーの多くが、非公式のフィードバックや成長の機会を逃していると感じている。

  8. オフィスの再定義: オフィスは社会的なつながり、コラボレーション、トレーニングのための場所として最適化すべきであり、必要に応じてプライベートな作業スペースを提供するべきである。

  9. 離職のリスク: オフィス復帰を強制する企業は、従業員の不満や離職のリスクに直面する。

  10. リモート勤務の受容: リモートやハイブリッド勤務を受け入れる企業は、競争上の優位性を持ち、優秀な人材を引き付けることができる。

「企業の検討点」

  1. 従業員のニーズに対応: 勤務形態の柔軟性を提供し、従業員の満足度とロイヤリティを高める。

  2. オフィスの役割を再考: オフィスを単なる作業場所ではなく、コラボレーションと成長の場として再定義する。

  3. インセンティブの提供: 通勤支援やチャイルドケア支援など、オフィス復帰をサポートするメリットを提供する。

  4. コミュニケーションの透明性: 従業員間の予定や出勤状況を共有することで、チーム内のコミュニケーションを促進する。

  5. リモートワークの継続: 競争力を維持するために、リモートまたはハイブリッドワークのオプションを継続的に提供する。



Comments


bottom of page