top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

リモートワーク需要と供給の不均衡:「アメリカ人事を図と表で(仮)」


近年の働き方の多様化に伴い、リモートワークをオファーする企業は増加した。


しかし、企業と求職者の間にリモートワークにおける需給ギャップが存在していることが判明した。


現在、全企業の15%がリモートワークのオプションを提供している一方で、求職者の50%がリモートワークを希望している状況にある。


このリモートワークの需要と供給の不均衡は、労働市場における新たな問題として浮上している。


企業側はリモートワーク導入に伴うコストや管理上の懸念があり、一方で求職者は柔軟な働き方を重視している。従って、企業はリモートワークの導入や拡大を検討することで、より多くの求職者にアピールできるチャンスがある。


今後は、企業が従業員の満足度や生産性向上の観点からリモートワークの取り組みを見直し、適切な対策を講じることが求められることとなる。同時に、求職者も企業のリモートワーク体制や方針を理解し、適応力を持って働くことが重要である。


こうした取り組みにより、リモートワークに関する需給ギャップの縮小が期待される。



コメント


bottom of page