top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

リモートワークと労働者の引越し:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  • Challenger、Gray & Christmas, Inc.の報告によると、ハイブリッドワークの台頭により、労働者が仕事の機会のために移動することに興味を示さなくなっている。

  • 2023年第一四半期には、求職者のわずか1.6%が新たな仕事のために移動した。これは、前年の同四半期の4.6%から減少している。

  • この減少は、リモートワークの選択肢と住宅購入への利子率の上昇が組み合わさった結果と考えられる。

  • 1980年代と90年代には、求職者のほぼ3分の1が新しい職位のために移動していたが、その数は住宅費用の上昇と企業の人材集積地への移動に伴い、着実に減少してきた。

  • しかし、移動の減少が必ずしも雇用者がより多くのリモートワークの選択肢を提供しているわけではない。調査対象の米国企業の39%が完全なリモートワークの選択肢を提供している。

  • 一部のオフィスでの勤務時間が必要になる可能性があるため、完全にリモートワークを希望する求職者は一部の時間をオフィスで過ごすことを受け入れる必要があるかもしれない。


Comments


bottom of page