top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

世代によるリモートワークの受け入れ方:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 約47%の労働者がリモートやハイブリッドの柔軟な働き方が減らされると新しい仕事を探すかもしれない。

  2. リモートファーストや従業員主導の勤務地選択を維持する組織は労働者にとって魅力的かもしれない。

  3. リモートワークとハイブリッドワークの変化に対して、雇用主は高いパフォーマンスと優秀な人材の保持のバランスをとるべき。

  4. 世代によってリモートワークに対する好みが異なる。

  5. 多くの労働者は対面での仕事の一部の価値を認識している。

  6. リモートワークのデメリット、特に孤独感や孤立感に対して意識する必要がある。

  7. 組織は労働市場の変化と雇用主-従業員の勤務形態のパワーダイナミクスに対して柔軟性を維持する必要がある。

  8. パンデミックが引き金となったリモートワークのトレンドは変わり始めており、企業がリモートの仕事を削減している。


Comments


bottom of page