top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

高収入の職でリモート勤務が激減 / Remote Work Drastically Reduced in High Paying Jobs:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

最近の調査によると、高収入層に対するリモートやハイブリッド勤務の機会が急激に減少しています(Remote Work Drastically Reduced in High Paying Jobs)。


Laddersのデータでは、年収25万ドル以上の求人のうちリモート勤務を許可するものは4%未満、ハイブリッド勤務を許可するものは1%未満となっています。


「主要な点」

  1. リモート勤務の減少:高収入層のリモート勤務求人は過去1年で60%減少しました。これにより、多くの高収入労働者は従来のオフィス勤務に戻る必要があります。

  2. ハイブリッド勤務の減少:ハイブリッド勤務求人は95%も減少しており、特に年収25万ドル以上の職で顕著です。

  3. 求人の現状:過去1年間に投稿された50万件以上の求人のうち、250,000ドル以上の職で完全にリモートの求人は4%未満、ハイブリッド勤務を許可する求人は1%未満です。

  4. オフィス復帰政策の導入計画:約90%の企業が2024年末までにオフィス復帰政策を導入する予定です。これは、リモート勤務が一般的でなくなっていることを示しています。

  5. 著名な企業の動向:SpaceX、U.S. Bank、連邦政府など、多くの雇用主がオフィス勤務を義務付けており、リモート勤務の機会が減少しています。

  6. オフィス勤務義務化への反応:高パフォーマンスの労働者、ミレニアル世代が特にオフィス勤務義務化に対して否定的な反応を示しており、一部の労働者は新しい仕事を探し始めています。

  7. 「コーヒーバッジング」の現象:一部の労働者は「コーヒーバッジング」と呼ばれる短時間のオフィス勤務を行っており、オフィス勤務義務化に対する対応策として取り入れています。

  8. RTO義務化の影響:雇用主がフルタイムのオフィス勤務義務化を実施した場合、約3分の1の従業員が新しい仕事を探す可能性があると報告されています。

  9. 高収入層の働き方の変化:高収入層の労働者にとって、リモート勤務やハイブリッド勤務の減少は働き方の大きな変化をもたらしています。

  10. 将来の働き方の展望:今後の働き方は、リモート勤務やハイブリッド勤務の機会が減少する一方で、オフィス勤務が再び主流となる可能性があります。


「企業の検討点」

  1. リモート勤務の柔軟性維持:高収入労働者のリモート勤務の機会を維持することで、優秀な人材の流出を防ぐことができます。

  2. オフィス復帰政策の柔軟な導入:オフィス復帰政策を導入する際には、従業員のニーズやライフスタイルを考慮し、柔軟な対応を検討します。

  3. 労働者のフィードバックの重視:労働者からのフィードバックを収集し、働き方に関する改善策を積極的に取り入れることが重要です。

  4. ハイブリッド勤務の再評価:ハイブリッド勤務の利点を再評価し、必要に応じて導入を検討することで、従業員の満足度と生産性を向上させます。

  5. 新しい働き方への適応:企業は、新しい働き方への適応を進め、柔軟な勤務形態を提供することで、従業員のニーズに応えます。


「Q&A」

Q1:高収入層のリモート勤務が減少している理由は何ですか?多くの企業がオフィス復帰を義務付けているためです。


Q2:ハイブリッド勤務の求人が減少している理由は?企業がフルタイムのオフィス勤務を推奨しているためです。


Q3:企業が高収入労働者のリモート勤務機会を維持するためにはどのような対策が有効ですか?柔軟な勤務形態の提供や従業員のフィードバックを取り入れることが重要です。


Q4:オフィス復帰政策を導入する際に企業が考慮すべきポイントは?従業員のニーズやライフスタイルを考慮し、柔軟な対応を検討します。



Commenti


bottom of page