top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

リモートワークの求人が23%減少 / Remote Job Postings Decline:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

リモートワーク(Remote Job)はパンデミック後の労働市場で注目の焦点となっていますが、LinkedInの最新レポートによると、完全リモートの職の数は減少しています。


リモート求人への応募数が増加する一方で、実際の求人は23%減少し、これが求職者にとって大きな挑戦をもたらしています。


経済の不透明感や企業のオフィスベースの仕事への回帰が、リモートワークの機会を制限している可能性があります。


「主要な点」

  1. リモートワークの求人が減少:2024年1月の時点で、LinkedInはリモート役割への応募が利用可能なリモート役割の2倍であると報告しています。リモート求人の投稿は昨年と比較して23%減少しました。

  2. リモートワークの選好理由:FlexJobsの2022年の調査によると、トップの退職理由は有害な企業文化でしたが、リモートワークの選択肢がないことも主な理由の一つで、43%がリモートワークのオプションがなければ辞めると回答しています。

  3. リモートワークとメンタルヘルス:リモートでの仕事がメンタルヘルスに最も良いと答えた人々が多く、週5日の完全リモートワークが最も好まれる回答でした。

  4. リモートワークの将来の展望:数年以内に市場のダイナミクスがリモートワークの供給と需要に健全なバランスをもたらすだろうと予測されています。

  5. 経済的な条件とリモートワーク:経済的な困難な条件下で、企業は以前よりも柔軟なリモートワークのオプションを削減している可能性があります。

  6. オフィスベースの仕事への回帰:多くの企業が、数百年にわたるオンサイトでの労働経験を背景に、リモートやハイブリッドの働き方から伝統的なオフィスベースのワークスタイルに戻りつつあります。


「企業の検討点」

  1. 市場動向への適応:リモートワークの需要と供給の不均衡を理解し、労働市場の動向に合わせて戦略を調整することが重要。

  2. 従業員のニーズへの対応:従業員が求める柔軟な働き方への対応が、人材の確保と保持につながる。

  3. 生産性とリモートワークの関係:リモートワークが生産性にプラスの影響を与える可能性があるため、その導入を検討すべき。

  4. メンタルヘルスの重視:従業員のメンタルヘルスを支援する働き方の提供が、労働力の健康と効率性の向上に貢献する。

  5. 将来の働き方の準備:リモートワークを含む柔軟な働き方のトレンドを踏まえ、将来に向けた準備が必要。


「Q&A」

Q1: リモートワークの求人が減少している主な理由は何ですか? A1: 経済の不確実性や伝統的なオフィスワークへの回帰が主な理由として考えられます。


Q2: リモートワークが生産性に与える影響は何ですか? A2: いくつかの研究によると、リモートワークは生産性を向上させることが示されています。


Q3: 企業がリモートワークを継続するために考慮すべき点は何ですか? A3: 市場の動向、従業員のニーズ、生産性との関係、メンタルヘルスのサポートなどを考慮すべきです。



Comments


bottom of page