top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

柔軟な働き方がもたらす採用と定着の改善 / How Flexible Work Arrangements Improve Recruitment and Retention:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

2024年の調査によると、採用と従業員定着の課題が緩和されつつあります(Recruitment and Retention)。


2022年の大退職期には83%の企業が採用問題を抱えていましたが、2024年には55%に減少しました。


特にハイブリッド勤務が採用と定着に効果的であることが報告されています。


「主要な点」

  1. 採用課題の現状 2022年には83%の企業が採用の問題を報告していましたが、2024年には55%に減少しました。

  2. 従業員定着の改善 2022年には66%の企業が従業員定着の問題を報告していましたが、2024年には41%に減少しました。

  3. 柔軟な働き方の影響 柔軟な働き方が従業員満足度を高め、採用と定着に効果的であることが確認されています。

  4. オンサイト勤務の影響 オンサイト勤務を義務付けている企業の45%が定着の問題を報告しており、これはリモート勤務を選べる企業の15%と比べて高い割合です。

  5. 自発的離職率 オンサイト勤務の従業員の自発的離職率は16%であり、ハイブリッド勤務やリモート勤務の8%と比較して2倍です。

  6. 従業員の定着理由 給与、仕事の安定性、健康保険、柔軟な働き方が従業員の定着理由として挙げられています。

  7. キャリア開発の重要性 従業員の多くがキャリア開発と内部移動の機会を求めており、スキルの習得と適用が重要です。


「企業の検討点」

  1. 柔軟な働き方の導入 柔軟な働き方を導入することで、従業員の満足度と定着率を向上させることができます。

  2. オンボーディングの改善 新入社員のオンボーディングプロセスを改善し、メンタリングと定期的なチェックインを実施することが重要です。

  3. キャリア開発の提供 従業員にキャリア開発と内部移動の機会を提供することで、定着率を高めることができます。

  4. 従業員の声の反映 従業員や潜在的な採用候補者の声を反映した柔軟な働き方政策を策定することが必要です。

  5. データに基づく戦略 調査データを活用して、採用と定着の戦略を見直し、効果的な対策を講じることが重要です。


「Q&A」

Q1: 採用と定着の課題が緩和された理由は何ですか? A: 柔軟な働き方の導入により、従業員の満足度が向上し、採用と定着が改善されました。


Q2: オンサイト勤務の義務化が従業員に与える影響は何ですか? A: オンサイト勤務の義務化は、従業員の定着率を低下させ、自発的離職率を高める傾向があります。


Q3: キャリア開発が重要視される理由は何ですか? A: キャリア開発と内部移動の機会が、従業員の定着とモチベーション向上に寄与するためです。


Q4: 企業はどのようにして柔軟な働き方を効果的に導入できますか? A: 企業は従業員のニーズを把握し、柔軟な働き方のポリシーを策定し、適切なサポートとリソースを提供することで、効果的に導入できます。


Q5: 採用と定着の戦略を見直す際に重要な要素は何ですか? A: 採用と定着の戦略を見直す際には、調査データを活用し、従業員の声を反映した柔軟な働き方政策を策定することが重要です。


Q6: 効果的なオンボーディングプロセスを構築するためのポイントは何ですか? A: 効果的なオンボーディングプロセスを構築するためには、新入社員へのメンタリング、定期的なチェックイン、キャリア開発の機会提供が重要です。



Comments


bottom of page