top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

AIリクルーティング: iTutorGroup事件の教訓:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. iTutorGroupが使用しているリクルーティングソフトのアルゴリズムが年齢差別を引き起こす可能性があるとの主張

  2. EEOCはiTutorGroupを訴え、55歳以上の女性と60歳以上の男性の求職者を自動的に排除するようにプラットフォームをプログラムしたと主張

  3. ある求職者は実際の誕生日を使用して応募したところ、即座に拒否された

  4. その求職者は1日後に同じ情報で再応募し、面接のオファーを受け取った

  5. iTutorGroupはこれらの主張を否定し、チューターがADEAによって保護される従業員ではないと主張

  6. 和解契約により、iTutorGroupは和解に関する通知を掲示し、非差別および苦情の方針を策定する必要がある

  7. EEOCは最近、このようなスクリーニングツールについて雇用主に警告している

  8. EEOCはAIとアルゴリズムのツールが年齢や性別の偏見を引き起こす可能性があるとしている

  9. 雇用主は技術を差別的な方法で使用していないかを継続的に自己分析するべき


「企業の検討点」

  1. リクルーティングソフトウェアやAIを導入する際の差別的影響を十分に検討することの重要性

  2. 技術ツールの設計段階での評価や監査が必要

  3. 倫理的および法的な問題を回避するための継続的な自己分析の重要性

  4. 供給業者とのコミュニケーションを強化し、ツールの透明性と公正さを確保

  5. 技術の採用は業務効率向上のためだけでなく、社会的責任も伴う





Commentaires


bottom of page