top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

労働者の生産性を左右する隠れた要素:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. EY-Parthenonの分析によれば、2023年の第1四半期の労働者の生産性は前年同期比2.7%減少し、歴史的な最低水準に落ち着いています。

  2. 生産性の低下はリモートワークだけが原因ではありません。生産性低下の原因は通知疲労やIT問題など、幅広い要因によるものです。

  3. パンデミック、リセッションの恐怖、各業界でのレイオフ、インフレなどによる多要素の不確実性が続いています。これら全ての要素が労働者を緊張状態に置いています。

  4. モーガンスタンレーの2023年の職場状況調査によれば、従業員の66%が金融的なストレスが仕事と個人生活に影響を与えていると答えました。

  5. リモートワークでの学習と開発の進め方について、企業は真剣に考える必要があります。

  6. 労働者は対面でのコラボレーションや具体的な経験から最も学ぶことができますが、これが過去数年間一貫して行われていない。

  7. マネージャーは従業員が過去3年間に経験したこと、そして彼らが個人生活や仕事でまだ取り組んでいるかもしれないことに共感することが重要です。

  8. ピアメントーシップやメンタリングプログラムなどの戦略を試すことで、生産性ギャップを埋めることができるかもしれません。

「企業で行える事」

  1. リモートワークだけが生産性の低下の原因ではないと理解する。

  2. 労働者のストレスレベルやメンタルヘルスを考慮に入れることの重要性を理解する。

  3. リモートワーク環境での学習と開発の進め方を再考する。

  4. 従業員の生産性を高めるための新たな戦略やプログラム(ピアメントーシップ、メンタリングプログラムなど)を導入検討する。

  5. 従業員と定期的に対話をし、組織の調査を行うことで、従業員のニーズや問題点を理解する。


Comments


bottom of page