top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

給与データの報告

昨日のブログで給与情報の開示について明記をしたが、給与データの報告義務も2023年より施行される。

給与情報の開示と同様のSB1162上で、従業員数100名以上の企業に対しては個別の給与データの報告を義務付けられている。


以下が報告が義務付けられいてるデータとなる:

  • 10種類の職種での人種・民族・性別毎の従業員数

  • U.S. Bureau of Labor Statistics(米国労働統計局)が職業別雇用統計調査で使用している給与体系に該当する年間所得のある従業員数(人種、民族、性別)。

  • 報告年度中の各給与帯に含まれる、各従業員の総労働時間。

  • 各職種の中で、人種、民族、性別の組み合わせ毎の給与の中央値と平均値

また複数の事業所を持つ企業は、各事業所をカバーする報告書を作成する義務があることも定められており、今後は給与体系を明確にすることが特に重要となる。

Comentarios


bottom of page