top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

企業が取り組む給与透明性の実態 / The Reality of Pay Transparency in Organizations:「アメリカ人事界隈」#アメリカHR

最新のPayscale社のレポートによると、企業は公平性と透明性のニーズに対応するために給与構造を変更しています(Pay Transparency in Organizations)。


特に、市場ベースの給与範囲やステップ構造を導入する企業が増加しています。


「主要な点」

  1. 伝統的な給与グレード: 多くの企業が依然として伝統的な給与グレードを採用していますが、透明性と公平性のニーズに応えるために変更を検討しています。

  2. 市場ベースの給与範囲: 市場ベースの給与範囲は、個々の仕事や類似した仕事のグループに基づいて設定され、公平性を確保します。

  3. ステップ構造: ステップ構造は、特定の基準を満たすごとに給与が増加するシステムであり、31%の企業が将来的に導入を検討しています。

  4. 中間市場価格のターゲット: 多くの企業が給与を市場の中間価格に設定していますが、高パフォーマンスの企業は市場を上回る給与を支払う傾向があります。

  5. 給与透明性法の影響:現在、13州およびワシントンD.C.で給与透明性法が施行されており、ミネソタ州も2025年に施行予定です。

  6. 給与情報の開示: 多くの企業が法的要件に従って給与範囲を公開しており、透明性を高めています。

  7. 個別の給与情報の共有: 約70%の企業が、従業員に対して個別の給与情報を共有していますが、主に必要な場合に限ります。

  8. 給与の透明性と従業員の関係: 給与の透明性が高まることで、従業員間や管理者との間で給与に関する会話が増え、キャリアの進展に関する議論が活性化します。


「企業の検討点」

  1. 給与の透明性の向上: 給与範囲や個別の給与情報を従業員と共有することで、透明性を高めます。

  2. 市場ベースの給与設定: 公平性を確保するために、市場ベースの給与範囲を採用します。

  3. ステップ構造の導入: 従業員のパフォーマンスや経験に応じて、給与が段階的に増加するステップ構造を導入します。

  4. 信頼できるデータソースの使用: 給与設定において、信頼性の高いデータソースを使用することで、公平かつ競争力のある給与を提供します。

  5. 給与に関する積極的なコミュニケーション: 管理者が従業員と積極的に給与について話し合うことで、従業員の満足度とエンゲージメントを向上させます。


「Q&A」

Q1: 市場ベースの給与範囲とは何ですか?市場ベースの給与範囲は、特定の仕事や類似した仕事のグループに基づいて設定される給与範囲です。


Q2: ステップ構造の利点は何ですか?ステップ構造は、従業員のパフォーマンスや経験に応じて給与が段階的に増加するシステムであり、モチベーションを高めます。


Q3: 給与透明性法の影響は何ですか?給与透明性法は、企業に対して給与範囲の公開を義務付けており、透明性と公平性を高めます。


Q4: 企業が給与透明性を高めるための最善の方法は何ですか?給与範囲を公開し、個別の給与情報を従業員と共有することで透明性を高めます。


Q5: 市場ベースの給与範囲を導入する際の課題は何ですか?適切な市場データの収集と分析が必要であり、これには時間とリソースがかかります。


Q6: 給与の透明性が従業員のエンゲージメントに与える影響は?給与の透明性が高まることで、従業員の満足度とエンゲージメントが向上し、離職率の低下に繋がります。




Comments


bottom of page