top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

Pay Transparencyと離職率の影響:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. Payscale社の研究によれば、Pay Transparencyは一般的に従業員の定着率を改善する。

  2. Pay Transparencyが明確であると退職の意向を30%減少させる。

  3. Gen Zにとって、Pay Transparencyは求職行動を3%増加させる。

  4. 労働者は現在の給与と比べて高い給与範囲が広告されていると見ると、職を変える意欲が高まる可能性がある。

  5. 企業には報酬戦略の標準化と報酬の設定方法について明確に伝える必要がある。

  6. 従業員が自分の給与が不公平だと感じると、離職する可能性が高まる。

  7. 従業員は自分の昇給が広告で見た給与と同じペースでないことに気付く可能性がある。

  8. 雇用主は、給与がどのように決定され、なぜそれが市場に競争力があるか、どのように進行できるかを明確に伝える必要がある。

  9. マネージャーは、これらの情報を伝えるための訓練が必要であり、また、従業員の質問に答える準備も必要である。



Comments


bottom of page