top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

米国の昇給率: 3年連続4%が新常態か?/Three Consecutive Years at 4% of Pay Raise: 「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

1. 3年連続での4%昇給率: Salary.comのAnnual National Salary Budget Surveyによると、3年連続で中央値の昇給率が4%となっています。この数字は、時給制の従業員から役員まで、雇用の全スペクトルで共通しています。

2. 労働者の不足: パンデミックにより引き起こされた労働者の不足はまだ完全には解消されていません。競争力を維持するためには、企業は報酬を適切に設定する必要があります。

3. 2023年以降の昇給率の動向: 専門家の見解によれば、昇給率は2023年、おそらくそれ以降も4%を維持する可能性が高いです。

4. 経済状況と昇給の関係: 大きな経済的なダウンターン、例えば大不況のような場面を除き、昇給は現在の経済状況に合わせて変動しづらいとのこと。

5. 企業の昇給戦略: 企業は賢明に報酬を計画する必要があります。特定の役職や地域での昇給率は一律4%とは限りません。

6. 4%昇給の将来: 専門家によれば、4%の昇給は今後減少する可能性がありますが、すぐには大きくは変わらないでしょう。

7. 高昇給のリスク: 一律の高昇給を全員に行うことは、将来のリストラの原因になる可能性があります。

8. 報酬に関する考慮点: 企業は、誰にどれだけ支払われているのか、また、彼らを引き留め、同じような労働者を引き付けるためにはどれだけの報酬が必要かを検討する必要があります。

9. エグゼクティブ向けの代替案: 経営陣には給与の増加の代わりに一時金を提供するという手法も考えられます。

10. 2024年の昇給率への影響要因: 2024年の昇給率には、連邦準備制度理事会の利率の動きやインフレの変動、そして米国大統領選挙など、さまざまな要因が影響するでしょう。


「企業の検討点」

  1. 企業は、賢明に報酬を計画する必要があります。

  2. 一律の高昇給を全員に行うことは、将来のリストラの原因になる可能性があります。

  3. 昇給の変動は経済状況とあまり一致していないので注意が必要です。

  4. 4%の昇給は今後も続く可能性が高いため、計画時に考慮する必要があります。

  5. 報酬の変動は、企業のパフォーマンスに直接関連しているわけではありません。




留言


bottom of page