top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

オフィス復帰の波/2024年のトレンドとチャレンジ: Office Return Wave 2024/Trends & Challenges:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 2024年末までのオフィス復帰計画: 2024年末までに、90%の企業がオフィスに戻る方針を固めている。

  2. 解雇の脅し: 28%の企業は新しいオフィス復帰ポリシーに従わない従業員に対して解雇の可能性を示唆している。

  3. 才能の流出のリスク: 従業員をオフィスに戻ることを強制することは、才能の流出の原因となる可能性がある。

  4. 物理的なオフィスの有無: 既に64%の企業が物理的なオフィスを持っており、今後の数年でさらに多くの企業がオフィスを持つことを計画している。

  5. オフィス復帰の利点: 従業員がオフィスに戻ることで、収益、生産性、従業員の維持、企業文化などの多くの面で改善が見られる。

  6. 出勤のトラッキング: 2024年にオフィスに復帰する予定の企業の70%が、従業員の出勤をトラックする計画を立てている。

  7. 強固な候補者市場: 一部の産業では、候補者市場が強固であるため、復帰ポリシーを強制することが才能の獲得・維持に影響を与える可能性がある。

  8. コミュニケーションの重要性: 復帰計画の伝達やチームとの調整に際して、マネージャーは困難な状況に直面するかもしれない。

  9. ハイブリッド勤務の人気: 職場の柔軟性とオフィス勤務の文化的利点をバランスさせるためのポリシーの開発が求められ、ハイブリッド勤務が今後も人気を保つ可能性がある。

  10. 従業員のオフィス勤務意向: 一部の従業員はオフィス勤務を強制されると、他の職を求めることを考えるかもしれない。

「企業の検討点」

  1. 一律の復帰方針は全ての企業や従業員に適しているわけではない。

  2. 従業員のニーズや意向を十分に考慮することが重要である。

  3. 強制的な復帰方針は、従業員の流出や新しい才能の獲得の困難さを引き起こす可能性がある。

  4. ハイブリッド勤務や柔軟な勤務方針は、従業員の維持や引き留めのための鍵となる。

  5. 復帰方針のコミュニケーションや実施は、マネージャーやリーダーシップの役割が非常に重要である。


Comentários


bottom of page