top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

バンク・オブ・アメリカが従業員のオフィス出社を促す方法とは? / Bank of America's Strategy to Encourage Office Attendance:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

金融業界におけるリモートワークの未来は、大きな転換点を迎えています。


バンク・オブ・アメリカを始めとする大手金融機関が、オフィス出勤(Office Attendance)の強化を進めているのです。


これは、従業員の働き方だけでなく、キャリアアップの機会にも影響を及ぼす重要な動きと言えるでしょう。


「主要な点」

  1. オフィス出勤への圧力の強化: バンク・オブ・アメリカは、従業員に対してオフィス出勤を強く促すために「懲戒対象となるという通知書」を送付しています。これは、オフィスへの定期的な出勤を要求する新たな方針の一環です。

  2. 従業員の出勤状況の監視: バンクでは、従業員がオフィスに出勤しているかどうかを監視し、出勤しない従業員に対して警告を行っています。これは、オフィス出勤の強化を目的とした施策の一つです。

  3. 金融業界におけるオフィス出勤のトレンド: バンク・オブ・アメリカだけでなく、他の大手金融機関もオフィス出勤の強化に取り組んでいます。この動きは、金融業界全体のトレンドとなっていることを示しています。

  4. リモートワークからの移行: パンデミック以降、多くの従業員がリモートワークを実践してきましたが、バンク・オブ・アメリカを含む多くの企業がオフィスへの復帰を促進しています。

  5. キャリアアップの機会とオフィス出勤: スタンフォード大学の経済学者によると、オフィス出勤はキャリアアップの機会に影響を与える可能性があります。週3日間出社することで、オフィスでの視認性が高まることで、昇進のチャンスが増えると考えられています。

  6. 従業員への通知の手順: バンク・オブ・アメリカでは、初期の通知に続き、より正式な「懲戒対象となるという通知書」を送付するプロセスを採用しています。これにより、従業員に対する出勤要求の重要性が強調されています。

  7. 部門ごとの出勤要求の違い: クライアント対応が多い部門では、週5日の出勤を求められることが多いですが、その他の部門では週3日の出勤で対応しています。これにより、部門によって異なる出勤の要求が設定されています。

  8. オフィス出勤の要求開始時期: バンク・オブ・アメリカは2022年10月から従業員に対してオフィス出勤の要求を開始しました。これは、パンデミック後の新しい働き方に対する対応の一環です。

  9. 他の金融機関の出勤政策: JPMorgan、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレーなど他の大手金融機関も、オフィス出勤の強化に取り組んでいます。これは、バンク・オブ・アメリカの動きと同様のトレンドです。

  10. 従業員の反応と対応: この新しい出勤政策に対して、従業員の中には抵抗する者もいますが、多くはこれに従っています。企業と従業員の間で、新しい働き方のバランスを見つけることが重要です。


「企業の検討点」

  1. オフィス出勤の重要性の再評価: 企業は、オフィス出勤が従業員の働き方やキャリアアップに与える影響を再評価する必要があります。

  2. 部門ごとの出勤ポリシーの柔軟性: 部門によってはリモートワークの適用を継続することも検討すべきです。

  3. 従業員とのコミュニケーション: 出勤ポリシーの変更に際しては、従業員との適切なコミュニケーションが重要です。

  4. 出勤ポリシーの透明性と公平性: 出勤要求は透明かつ公平であることが必要です。

  5. パンデミック後の働き方への対応: 企業は、パンデミック後の働き方に対応するための長期的な戦略を検討する必要があります。


「Q&A」

  1. Q1: バンク・オブ・アメリカのオフィス出勤強化は、他の金融機関にどのような影響を与えますか?

  2. Q2: 従業員のオフィス出勤に対する反応はどうですか?

  3. Q3: リモートワークからオフィス出勤への移行は、従業員のキャリアにどのような影響を与えますか?





Comments


bottom of page