top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

ナイキの新たな戦略と人員削減 / Nike's New Strategy and Workforce Reduction:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

ナイキが経費削減計画(New Strategy)の一環として全従業員の約2%にあたる1,600人以上の解雇を発表しました。


この動きは、スポーツ、健康、ウェルネスへの関心がこれまでになく高まる中、組織を「適正化」し、最大の成長機会を捉えるための戦略です。


ナイキは、製品ポートフォリオの簡素化、自動化の利用拡大、ランニング、女性向け製品、ジョーダンブランドへの投資強化を計画しています。


「主要な点」

  1. "ナイキの大規模な人員削減": 経費削減計画の一環として、ナイキは総労働力の約2%にあたる1,600人以上の従業員を解雇すると発表しました。

  2. "経費削減計画の目的": この計画は、ナイキの組織を「適正化」し、スポーツ、健康、ウェルネスへの高まる関心を背景に成長機会を追求するためです。

  3. "予想される費用と節約": 解雇による費用は4億ドル以上で、今後3年間で最大20億ドルの節約を目指します。

  4. "投資と成長の重点分野": ナイキはランニング、女性向け製品、ジョーダンブランドへの投資を強化し、これらの分野での成長を図ります。

  5. "製品ポートフォリオの簡素化": ナイキは製品ラインナップを簡素化し、より効率的な運営を目指します。

  6. "直接顧客向けモデルへのシフト": ナイキは直接顧客向け(DTC)モデルへの移行を加速し、顧客体験を向上させます。

  7. "北米市場における売上減少": ナイキは北米市場での売上が減少し、在庫管理に課題を抱えています。

  8. "ウェルネスへの焦点": ナイキは「Well Collective」の立ち上げにより、より包括的なフィットネスと女性向けのウェルネスに焦点を当てています。


「企業の検討点」

  1. "組織の「適正化」戦略": ナイキのように、変化する市場環境に対応し、成長機会を最大化するためには、組織の「適正化」が重要です。

  2. "投資と節約のバランス": 成長を促進しながらコストを削減するためには、投資と節約のバランスを見極める戦略が必要です。

  3. "ウェルネスと健康への焦点": 企業は、消費者の健康とウェルネスへの関心が高まる中、これらの分野への焦点を強化することで、新たな成長機会を見出すことができます。


「Q&A」

  1. Q: ナイキが人員削減を決定した主な理由は何ですか?               A: 組織を「適正化」し、スポーツ、健康、ウェルネスへの高まる関心を背景に成長機会を追求するためです。

  2. Q: ナイキの経費削減計画によってどのような節約が見込まれていますか?      A: 今後3年間で最大20億ドルの節約を目指しています。

  3. Q: どの分野にナイキは今後投資を強化する予定ですか?              A: ランニング、女性向け製品、ジョーダンブランドへの投資を強化する予定です。

  4. Q: ナイキがウェルネス分野に焦点を当てる理由は何ですか?            A: 消費者の健康とウェルネスへの関心が高まる中、これらの分野に焦点を当てることで、新たな成長機会を見出すためです。



Comments


bottom of page